2019年06月10日(月)2ブックマーク

子どもは全品無料のラーメン屋、そのカラクリとは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

本業で得た収益を子ども食堂に投資する社会貢献のあり方、北海道仕込みのラーメン 麵屋のろし が子どもの笑顔を守る

東京都千代田区に店を構えるラーメン店、麺屋のろし。今、このラーメン屋が話題となっている。なんと、小学生以下の子どもはラーメンやチャーハン、食後のデザートまで全品無料で提供しているのだ。いったいどういった仕組みなのか。

目次

    無料の一杯を提供できる理由とは?

    秋葉原店の店長、ナバセ・ジャイルスさん。「子どもたちには、たらふくお腹一杯になってほしい」とのこと。

    秋葉原から総武線のガード沿いを浅草橋方面に歩くこと8分、和泉公園の一角にそのお店「麵屋のろし」はある。一見したところごく普通のラーメン屋だが、明確に違うのが、店外に大きく張り出された「子ども食堂」の文字だ。驚くなかれ。この麵屋のろし、小学校6年生までの子供ならばいつ何時来ても、無料でラーメンを提供するという驚きのサービスを行っているのだ。事実、店に入るとランドセルを脇に置いた子供達が楽しく談笑しながら、北海道ならではの濃厚な味噌ラーメンをすすっている。秋葉原近隣に住んでいる子たちには最高のたまり場だろう。

    しかしここで疑問が生じる。子ども食堂という性質上、地域の貧困家庭をなくしたいという尊い想いに端を発した慈善活動なことは間違いないのだろうが、飲食店の仕組みとしてこれは常識から考えるとあり得ない経営判断だからだ。ラーメン屋のオペレーションで重要なのは、どれだけ回転率を高めていくか。ましてや子ども。食べるのも遅い。これでいったいどうやって商売が成り立つのか。

    果たして、その答えは麵屋のろしのWEBサイトで見つけることができた。WEBサイトには、数々の企業名がスポンサーとして明記されている。実は、子供たちに無料で一杯を提供させるために、企業各社から月1万円からなるスポンサーを募集しているとのこと。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧