2019年06月07日(金)4ブックマーク

「いきなり4000万」「選手x営業」「誘う環境作り」。スポーツ業界に革命を起こすヴォレアス北海道の攻めの運営

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

2018年より新Vリーグを立ち上げ、スポーツのビジネス化を推進する日本バレーボールリーグ機構。業界全体がスポーツで収益を上げる道を模索する中、攻めの姿勢で着実に儲けを生み出す仕組みを構築しているバレーボールチームがあります。
 
北海道旭川市をホームに活動するヴォレアス北海道は、2017年にリーグ参戦したばかりの比較的新しいチーム。母体企業の社員として選手を採用する他チームとは異なり、独立した“プロチーム”としての運営システムを確立させてきました。次々と話題性の高い新サービスを打ち出しているのは、発足当初からチームの陣頭指揮を取ってきた株式会社VOREAS代表の池田憲士郎氏。
 
初年度からスター選手や外国人監督を獲得、1部リーグ決勝戦のプレミアムシートより高いS席1万円でホーム試合の前売りチケットを販売するなどアグレッシブな運営を行い、メディアの注目を集める革命児に話を聞きました。

目次

    始まりは人手不足の建設業に若者を呼び戻す手段だった

    —プロチーム発足の経緯をお聞かせください。

    もともと僕も旭川市出身なのですが、大学卒業後は父が地元で経営する株式会社アイ・ディー​・エフという建設会社を継ぐため、まず東京の取引先メーカーで営業の修行をしました。ところが、3年ぶりに旭川に戻ってみると驚くほど町に元気がなくなっていたんです。当時から北海道は高齢化と人手不足に悩まされていました。特に建設業はその影響が大きく、父の会社も従業員のほとんどが50歳以上、募集しても若者は一人も来ない状況。そんな中、アイ・ディー​・エフが持っていたバレーボールのクラブチームを前面に押し出して募集してみたところ、翌年には10人の10〜20代社員の採用に成功しました。

    —どのような募集をされたのですか?

    その頃、仕事をしながらバレーボールができる環境は北海道にありませんでしたから、シンプルに「チームあります」と。入ってきたのはIターン、Uターンで旭川にやってきた10名。平均年齢は約10歳若返り、30人だった社員は今では60人程度まで増えています。そんなことをやっているうちに、自社だけが良ければそれでいい、という時代ではなくなってきていることを感じ始めました。旭川はすっかり疲弊していましたし、元気な町づくりと生まれ育った町への愛を持つきっかけがないと、地方都市はなくなってしまうのではないかという不安があったんです。

    —そこで思い浮かんだのがプロスポーツチームの重要性ですね。

    はい。考えてみれば旭川にはプロスポーツチームがまったくありませんでした。日本ハムファイターズもコンサドーレ札幌も、プロバスケットボールチームのレバンガ北海道も全て札幌。道内2位の人口を誇る都市にプロチームがない方が、そもそもおかしかったんです。スポーツには 「明日もがんばろう」といったモチベーションを人々に喚起する機能が備わっていると思っていました。そこでアイ・ディー​・エフのクラブチームを母体に、プロバレーボールチーム創設へ踏み切ったのが2015年の冬です。

    初年度から4000万円投資、アンダードッグ精神で業界に風穴を開ける
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧