2019年06月11日(火)3ブックマーク

“あいまい”に繋がるからこそ成果が出る?次の時代の働き方とは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

ここ数年、オープンイノベーションや共創といった、企業や組織の壁を超えてメンバーが集まり、ひとつのプロジェクトを進めるような取り組みが頻繁に見られるようになりました。ひとつの企業や組織では生み出せないようなアイデアを具現化できるなど、さまざまなメリットがあるためです。
 
一方で、こうしたプロジェクトで起こりがちなのが、チームが巧く機能せず、物事が前に進まないこと。メンバー間の思惑がぶつかり合い、チームが空中分解してしまうケースも多々見受けられます。
 
では、どうすれば企業や組織を超えたプロジェクトを成功に結びつけられるのでしょう?プロジェクトが前に進むチームと進まないチームの違いはどういったところにあるのでしょうか?
 
そのヒントとなりそうなのが、さまざまな企業の新事業開発支援やプロジェクト開発支援を行う株式会社トイトマ・代表取締役会長の山中哲男氏が中心となり進められている「AWAJI PROJECT(淡路プロジェクト)」です。
 
同プロジェクトは、全国で飲食店を展開する株式会社バルニバービの佐藤裕久氏(代表取締役社長)の肝いりで進められている淡路島の開発プロジェクトで、佐藤氏から相談を受けた山中氏が、飲食業や宿泊業、事業開発の専門家などを集め、自らが旗振り役となり推進しています。
 
メンバーは全員が経営者という異色のチーム構成。「(経営者による)本気のワークショップ」とメンバーが表現し、さまざまな副産物が生まれているといいます。「AWAJI PROJECT」のメンバーに、プロジェクトの特徴や進め方、参加する意義などを聞きました。

目次
    見極めのキモは、フワッとした話をおもしろがれるかどうか
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      18万人の社長に聞いた、誰にも言えない悩みを解決する71の処方箋~日本最大級のWeb経営者メディアWizBizの新谷氏に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      年末調整の「続柄」とは?記入ミスが多い理由と続柄の正しい書き方

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月22日経営ハッカー編集部

      若者へのSNSマーケティングはどうする?~ネクスター代表細田悠巨氏&27万人のフォロワーをもつインスタグラマー伊藤実祐氏に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月21日経営ハッカー編集部

      1日わずか約230円で会社にミニ法務部のような機能!弁護士費用保険リガールBizとは?

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月20日経営ハッカー編集部

      デザインの持つ計り知れない力!?営業しなくても注文が絶えないデザイン会社のブランディング戦略と人材マネジメントに学ぶ

      1ブックマーク
    関連記事一覧