2019年06月11日(火)3ブックマーク

“あいまい”に繋がるからこそ成果が出る?次の時代の働き方とは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

ここ数年、オープンイノベーションや共創といった、企業や組織の壁を超えてメンバーが集まり、ひとつのプロジェクトを進めるような取り組みが頻繁に見られるようになりました。ひとつの企業や組織では生み出せないようなアイデアを具現化できるなど、さまざまなメリットがあるためです。
 
一方で、こうしたプロジェクトで起こりがちなのが、チームが巧く機能せず、物事が前に進まないこと。メンバー間の思惑がぶつかり合い、チームが空中分解してしまうケースも多々見受けられます。
 
では、どうすれば企業や組織を超えたプロジェクトを成功に結びつけられるのでしょう?プロジェクトが前に進むチームと進まないチームの違いはどういったところにあるのでしょうか?
 
そのヒントとなりそうなのが、さまざまな企業の新事業開発支援やプロジェクト開発支援を行う株式会社トイトマ・代表取締役会長の山中哲男氏が中心となり進められている「AWAJI PROJECT(淡路プロジェクト)」です。
 
同プロジェクトは、全国で飲食店を展開する株式会社バルニバービの佐藤裕久氏(代表取締役社長)の肝いりで進められている淡路島の開発プロジェクトで、佐藤氏から相談を受けた山中氏が、飲食業や宿泊業、事業開発の専門家などを集め、自らが旗振り役となり推進しています。
 
メンバーは全員が経営者という異色のチーム構成。「(経営者による)本気のワークショップ」とメンバーが表現し、さまざまな副産物が生まれているといいます。「AWAJI PROJECT」のメンバーに、プロジェクトの特徴や進め方、参加する意義などを聞きました。

目次

    見極めのキモは、フワッとした話をおもしろがれるかどうか

    株式会社トイトマ 代表取締役会長 山中哲男さん

    ―まずは今回の「AWAJI PROJECT」の概要を教えていただけますか?

    山中:きっかけは、今注目されているバルニバービという飲食業を展開する会社の佐藤裕久氏(代表取締役社長)から声をかけてもらったことです。僕は、佐藤さんと個人的にも仲が良く、友達のような関係でもあります。
    佐藤さんは京都出身なのですが、海が好きで、若い頃はよく琵琶湖(滋賀県)や淡路島(兵庫県)で遊んでいました。今、会社も大きくなってきたので、関西に恩返しがしたいと、琵琶湖や淡路島で何かできないかと考えたようです。それで一年ほど前に、食事の場で「哲男(山中氏のこと)、不動産買ったから、何か一緒にやらへんか」と。突然、そんな無茶ぶりをしてきたのです(笑)。
    佐藤さんは約2千坪もの土地を買ったそうで、さすがにこれだけの土地でポンと何かを始めることはできませんから、「何をしたいのですか?」と聞きました。すると「テーマが2つある」と。ひとつが、情報社会で皆が大量の情報にさらされる中で、なかなか心を休める機会が無い、海や自然の中で心と体をリラックスできる場所を関西に作りたいとのことでした。そして、もうひとつが、カッコいいなのか、面白いなのか、憧れるなのかはさておき、そこで働きたいと思う人が増えるような空間を作りたいと。

    ―かなりざっくりとした要望ですね。

    山中:はい。何度か聞いてみて、まだ全然ざっくりしてるけど、同じようなキーワードが出たり、同じような世界観をイメージしていたので、んーこれをどう具体化、事業化しようかなと(笑)。でも、ザクッとしたまま投げてくれたのは、日頃から「哲男らがこれからの時代に合ったものを創造して、肌で感じているものを表現していった方が良い」と何度も言っていたので、ある意味任せてくれていたのだと思います。このように豪快に任せてくれて、様々な機会を与えてくれる佐藤さんには感謝しかありません。それで、もともと僕が交流を持っていた20人ほどにどんどん情報をシェアしていきました。そのときに、ざっくりした話に乗ってくれる人と、ざっくりし過ぎで動けないという人がいた。その反応を見てメンバーを決めていきました。今ここにいる人たちは、「フワッとした状態だけど一緒にどう?」と僕が話したときに「おもしろそうですね、やりましょう」と前のめりになってくれた人の中で、さらに僕が厳選したという感じですね。

    ―今年の2月から打ち合わせを始めたと聞きましたが、それぞれどういう役割を?

    山中:今はまだ役割という役割はない状態です。最終的な意志決定をするときには、役割を決めそれぞれの判断に任せたいのですが、今はまだその前の段階。最初に少人数(2〜4人)で役割を決めずにどんどん意見を出していくと良い効果があって、例えば、領域を制限せずに新規事業の立ち上げを請け負っている木下さんがよく「(制限しないことで)ある領域のノウハウを別の領域に転用できる」といったことを話しているのですが、そういうことが実際に起こる。例えば、飲食スペースを作ろうとしているときに、子どもが来たときには保育所運営で培ったノウハウが役立つなど、ジャンルをミックスしたような意見が出やすくなります。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧