2019年06月13日(木)5ブックマーク

従業員の対話とリフレクションで生産性アップ。現場主導で経験を学びに変える「Thomasサーベイ」

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

働き方改革関連法が本格施行され、企業は時間外労働の上限規制や、年次有給休暇の取得義務化の対応に追われています。ハード面の整備が進む一方で、問われているのが従業員のモチベーションにフォーカスしたソフト面。今、「従業員エンゲージメント」という新たなキーワードに注目が集まっています。

モニカ株式会社の共同創業者である周藤大輔氏(代表取締役 CEO 兼 COO)と中島久樹氏(代表取締役 CLO)は、対話を通じて人と人の経験学習を促す「リフレクションカード®」シリーズや、データサイエンスの裏付けを基に組織の優先課題を可視化する組織評価ツール「Thomasサーベイ」を開発、企業の従業員エンゲージメント向上を支援しています。経営と従業員のベストな関係性を生み出す秘訣について、お二人に話をうかがいました。

目次
    直接経験の振り返りがマスト。マネジメントと現場を結びつける「サーベイと対話」
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム07月12日経営ハッカー編集部

      重要な手続きの際に求められる「課税証明書」の基本知識や取得方法

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム07月12日経営ハッカー編集部

      slackやTeamsよりも使いやすい? 話題のコミュニケーションツール「U」でビジネスはどう変わる?

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム07月12日経営ハッカー編集部

      年末調整の「世帯主」は誰?知っているようで知らない世帯と世帯主の定義とは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム07月11日経営ハッカー編集部

      立ち上げた新規事業50件!新規事業のプロ守屋実氏に聞く~仕事のプロになる、プロを育てるとはどういうことなのか?

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム07月10日経営ハッカー編集部

      【後半】アフリカで事業をしている人集合!“困りゴト”から見るアフリカとは?『Alliance for LOVE #1』イベントレポート

      1ブックマーク
    関連記事一覧