2019年06月13日(木)5ブックマーク

従業員の対話とリフレクションで生産性アップ。現場主導で経験を学びに変える「Thomasサーベイ」

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

働き方改革関連法が本格施行され、企業は時間外労働の上限規制や、年次有給休暇の取得義務化の対応に追われています。ハード面の整備が進む一方で、問われているのが従業員のモチベーションにフォーカスしたソフト面。今、「従業員エンゲージメント」という新たなキーワードに注目が集まっています。

モニカ株式会社の共同創業者である周藤大輔氏(代表取締役 CEO 兼 COO)と中島久樹氏(代表取締役 CLO)は、対話を通じて人と人の経験学習を促す「リフレクションカード®」シリーズや、データサイエンスの裏付けを基に組織の優先課題を可視化する組織評価ツール「Thomasサーベイ」を開発、企業の従業員エンゲージメント向上を支援しています。経営と従業員のベストな関係性を生み出す秘訣について、お二人に話をうかがいました。

目次

    直接経験の振り返りがマスト。マネジメントと現場を結びつける「サーベイと対話」

    代表取締役CLO 中島久樹さん

    —まずリフレクションとは何か、なぜそれが企業にとって重要なのか教えてください。

    中島:リフレクションは「内省・振り返り」を意味しています。経験を学びに変えて成長するための学習理論の重要な考え方です。近年は社会の複雑さが増していき、最初に決めた計画に従って経営を進めていくという、従来のスタイルが難しくなってきました。そのような複雑な状況の中で持続的に成果を出すためには、定期的な振り返りを行って、外部環境や従業員一人ひとりの状況によってマネジメントスタイルを変化させていくことが重要です。

    周藤:人材育成の観点からも、リフレクションは非常に重要です。人の成長の70%は直接経験による学びで得られると言われています。企業の中で高いパフォーマンスを発揮している人はリフレクション、つまり直接経験を振り返って学びに変えることができる人。経験学習を積み重ねて次に生かしていくことのできる人です。

    中島:「企業内で成長できるかどうかは、最初に出会う上司による影響が大きい」という研究結果も出ています。ここで言ういい上司の条件とは、何かあったときに部下に適切な問いかけをしてあげられる「質問上手な上司」です。 ただし、いい上司に当たるかどうかは運に左右されますから、対話に慣れてない人でも上手く問いを投げかけ、部下の経験を学びに変えてあげられるツールを作りたいと考えたのが、「リフレクションカード®」の開発背景です。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム09月13日経営ハッカー編集部

      「グロースハック」を「事業成長請負」に再定義。プロフェッショナル集団「電通グロースハックプロジェクト」の始動で、スタートアップ、大手企業の新規事業はどう変わる?

      5ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月12日経営ハッカー編集部

      日本型雇用が崩壊する中、受け皿となる新人財ビジネスモデル「日本型PEO」とは?~株式会社エヌエフエー大崎氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月11日経営ハッカー編集部

      年末調整の前にチェックしておきたい13種類の控除一覧

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月10日経営ハッカー編集部

      海外旅行特化メディアでMAU10万人超え!「TABIMUSE」運営会社バリーズ株式会社CEOに聞く、共感から育てるサービス作りとは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月06日経営ハッカー編集部

      スタートアップからIPOまで、ほとんどのベンチャーが同じ失敗を経験する理由とは!~本気ファクトリー畠山代表に聞く

      2ブックマーク
    関連記事一覧