2019年06月14日(金)3ブックマーク

不安定な収益からの脱却!急拡大する“サブスク”で成功するためのヒケツとは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

街の飲食店から日本を代表する自動車メーカーまで、旧来のフロー型ビジネスモデルを凌駕する勢いで、あらゆるカテゴリーで急拡大を続けるサブスクリプション型サービス。安定的な収入を実現するビジネスモデルとして、新たにサブスクリプションへと舵を切る企業は増え続けています。そのような状況において、サブスクリプションという言葉が認知される以前からストック型ビジネスを導入・提供し、業界を牽引する企業に成長したのがテモナ株式会社。

サブスクリプションに特化したテクノロジーとサービスを提供するテモナ株式会社は、2017年4月に東京証券取引所マザーズ市場に、2019年4月には東京証券取引所市場第一部に昇格。サブスク販売に特化したシステム「サブスクストア」、企業向けサブスクビジネス専用システム「サブスクストアB2B」をリリースするなど、日本におけるサブスクリプション業界で、最も注目を集めているリーディングカンパニーのひとつです。

これまでの売り切り型のビジネスモデルから、新たに課金型のサブスクリプションビジネスへと転換するには、どうしたらいいのか?成功するために押さえるべきポイントは?代表取締役社長の佐川隼人氏に伺いました。

目次

    「モノからコト」の時代だからこそ、サブスクが主流になる

    —まず最初に、サブスクリプションの定義を教えてください。

    サービスの種類はたくさんありますが、簡単に言えば「定期的に課金するビジネス」。つまり価値に対して料金を支払う継続型ビジネスモデルがサブスクリプション(以下サブスク)の定義だと思います。当然事業者側は、定期的に課金していただけるようにサービスを改善しながら提供し続けなければなりませんので、そういったサービスを展開することがサブスクの基本的な部分です。

    —ここまで注目されるようになった背景には何があるとお考えですか?

    「モノからコト」へトレンドがシフトしている昨今、従来のような買い切り型のサービスよりも、比較的長い期間に渡ってサービスを受け続けられる「体験」に対しお金を払う消費スタイルに移行しつつある、ということは言えるでしょう。事業者から見ると、不安定で変化が早い時代において、「いかに堅実なビジネスを展開できるか」という心理になっていますので、継続的で安定的な収益が得られるサブスクは魅力的です。これらの要因がまさしく一致しているのが、今の状況ではないでしょうか。

    —もともとアメリカで活性化したサブスクが日本に上陸し、そういった背景もあってマーケットが広がっていると?

    確かにサブスクのマーケットでいうと確実にアメリカのほうが大きいのですが、日本も負けず劣らず、昔からマーケットは存在しています。電車やバスの定期券、家賃や光熱費、新聞や雑誌の定期購読など、馴染み深いものはたくさんありますよね。もともとストックビジネスや定期購入、頒布会、定額制、会員制といったビジネスモデルは古くからありました。そこに後から「サブスク」という言葉のラベルを貼り付けたイメージですね。

    つまり「これは新しいビジネスだからサブスクで、こっちは古いモデルだからサブスクじゃない」といった議論自体が、そもそもナンセンスなんです。日本にはもともと大きなマーケットがあり、それがさらに注目されたことでより大きく拡大していくポテンシャルがある、ということは認識しておくべきでしょう。

    ピンチをチャンスに変えたビジネスモデルの転換
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム11時間前経営ハッカー編集部

      AIはどこまで 進化するか?「人工意識」でAIが人類と共創する未来図とは~アラヤ金井良太代表に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月27日経営ハッカー編集部

      日本発の宇宙産業創出に挑戦するSpace BD、宇宙ビジネスのつくり方とは?永崎将利氏に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月25日経営ハッカー編集部

      空のインフラ構想で革命前のエアーモビリティ社会を牽引~A.L.I.Technologies片野大輔氏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月23日経営ハッカー編集部

      スキマ時間を意味のあるものに変える時間価値創造企業、タイミー代表小川嶺氏の目指す世界とは?

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月19日経営ハッカー編集部

      園芸業界のIT化で植物を身近に!地球を代表するグリーンカンパニーを創る~ストロボライト石塚秀彦氏

      0ブックマーク
    関連記事一覧