2019年06月21日(金)3ブックマーク

この先10年どうなる?“高精度な近未来予測”を経営者が今すぐ行うべき理由

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

AI(人工知能)やIoT、自動運転技術など新しい技術の登場で、私たちの生活はより便利なものになろうとしています。一方で、新しい技術により、衰退が危惧される産業が次々と現れるなど、テクノロジーの進化は、私たちの想像を超えるスピードで産業界に影響を及ぼし始めています。

世の中が激しく変化する中で、企業が生き残るにはどうすればよいのでしょう。「精度の高い近未来の情報を集め、必死になって勉強することは経営者の責任だ」と熱弁を振るうのは、創立から半世紀以上にわたり、自動ドアを造り続けてきた日本自動ドア株式会社の代表取締役社長・吉原二郎氏です。

明治学院大学法学部非常勤講師としての顔も持ち、近未来予測と企業運営をテーマとした講義を受け持つ吉原氏。現在どのようなテクノロジーが生まれ、どういった変化が産業界に起こりつつあるのか、なぜ精度の高い近未来予測が必要なのか。具体的な事例を複数挙げてもらいながら、吉原氏に説明してもらいました。

目次

    トヨタ社長「終身雇用が難しい」発言の背景にあるもの

    ―まずは日本自動ドアさんの事業概要を教えてください。

    当社は全国27箇所に拠点を持ち、自動ドアの製造から販売、施行、保守メンテナンスまでの業務をワンストップで提供しています。主な設置先はコンビニやドラッグストア、コーヒーチェーンなどさまざまですね。

    実は自動ドアは、AI制御で自律的に動くロボットの中でも、私たちの生活圏に広く浸透しているシステムのひとつ。それを当社では、全国に18万台設置し、年間4万件の修理依頼に対応しています。また、私たちはこれら既存の事業だけではなく、AIや顔認証、ロボット工学などの技術を活用した新サービスの研究開発を日々推進しています。「日本自動ドア」と社名は付いていますが、実はロボット業界の中でも最先端のことを行っている会社だと自負しています。

    ―では、吉原さんが言う“精度の高い近未来予測”について教えていただけますか?

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム09月13日経営ハッカー編集部

      「グロースハック」を「事業成長請負」に再定義。プロフェッショナル集団「電通グロースハックプロジェクト」の始動で、スタートアップ、大手企業の新規事業はどう変わる?

      5ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月12日経営ハッカー編集部

      日本型雇用が崩壊する中、受け皿となる新人財ビジネスモデル「日本型PEO」とは?~株式会社エヌエフエー大崎氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月11日経営ハッカー編集部

      年末調整の前にチェックしておきたい13種類の控除一覧

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月10日経営ハッカー編集部

      海外旅行特化メディアでMAU10万人超え!「TABIMUSE」運営会社バリーズ株式会社CEOに聞く、共感から育てるサービス作りとは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月06日経営ハッカー編集部

      スタートアップからIPOまで、ほとんどのベンチャーが同じ失敗を経験する理由とは!~本気ファクトリー畠山代表に聞く

      2ブックマーク
    関連記事一覧