2019年06月27日(木)2ブックマーク

大手企業からベンチャーへ。やりがい重視で仕事選びは大きく変わる

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

総務省の労働力調査によると、2018年の転職者数は329万人となり、8年連続で増えているといいます。しかし、転職したからといって必ずしも収入が増えるとは限らず、長期間勤務した会社から転職する際に経済的・精神的な不安がつきまとうことには、いぜんとして変わりありません。既婚者であればなおさら、子どもの将来や家計を考えると、新たな一歩を踏み出す勇気がなかなか持てないという人も多いようです。 
 
今回、お話を聞かせていただいた根岸大樹氏は、18年間働いた大手監査法人から、2019年1月にベンチャー企業「株式会社ビーボ」へ転職、現在は同社経営企画室 室長として、株式上場を目指して社内整備などその準備に追われています。順調なキャリアや経済的安定を捨てて、ベンチャー企業に転職を決意した理由は何だったのか、その経緯や現状を詳しく伺います。

目次

    将来の選択肢を広げるための出向が、転職への道を引き寄せてくれた

    —まずビーボの事業内容を簡単にお聞かせください。

    弊社は〝なりたい〟に本気という理念を掲げており、人々の「こうなりたい」という思いを実現するために事業活動をしています。その中でも、現在はマタニティ領域における事業に注力しており、妊活中から妊娠や出産を経て子育てをする人に寄り添った事業を展開しています。具体的には、美容健康食品を扱うD2C事業をはじめ、子育て情報を発信するwebメディアの運営、産後女性に特化した転職サービスを行っており、近々子育て関連のアプリもリリース予定です。

    —監査法人からビーボに転職された経緯はどのようなものでしたか?

    監査法人に在籍している間に2度外部へ出向する機会があったのですが、2度目の出向先の経理部メンバーとはその後も交流を持っていました。そのメンバーの中に、転職してビーボで経理を担当している人がいまして、「当社で株式上場を目指したいという話が出ている。一度、代表の武川と会ってくれないか」と相談されたのがきっかけでした。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧