2019年06月28日(金)3ブックマーク

「フリーランス花盛り」の現代において、 そのポジション向上と働き方をサポートする意味とは

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
中島庸彰さん 株式会社socia'L CORE 代表取締役・株式会社PLAY&co 代表取締役

フリーランスとは……特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得るビジネスパーソンのことを指します。
 
いま現在国内でフリーランスとして活躍している人口は1119万人(2018年時点※1)で、約6600万人いるとされる総就労人口に対して、およそ17%を占めています。この数字は約6人に1人が業務委託や個人事業主として生計を立てているという実態を表しており、日本人の近年の働き方に対する意識の変化が読み取れるものです。
 
1990年代後半にはおよそ200万~230万人と言われていたこのワーキングスタイルですが、その後「終身雇用制や年功序列の崩壊」「プロジェクト単位の仕事の台頭」「リモートワークなどの働き方の多様化」「個人スキルに対する評価の変化」などにより大幅に増加。ITエンジニアや士業、デザイナー・ライター・編集者などの専門職を中心に、自由な働き方を選ぶ人々は毎年増え続けています。
 
さらに“働き方改革”に伴う政府主導による“副業・兼業の解禁”の影響も大きく、今後すきまワーカー・パラレルワーカー(※2)などの副業を含めたフリーランス人口は更に拡大していくと予想されています。
 
このようにフリーランス花盛りの昨今ですが、一方で「不安定な収益構造」「長時間労働に陥りやすい」「社会保障が受けられない」などの問題が噴出。弱者としての側面が大きくクローズアップされ始めています。
 
今回の経営ハッカーでは、このような時代背景を受け、フリーランスとして働く人々および小規模法人の社会的なポジションの向上を目的にその活動を支え、“税金対策”“スキルアップ”“受注率アップ”“事務サポート”などの啓蒙をテーマとしたコミュニティ「フリーランス/小規模法人LABO」を立ち上げた中島庸彰さん(株式会社socia'L CORE 代表取締役・株式会社PLAY&co 代表取締役)のお話をご紹介していこうと思います。
 
 
※1 フリーランス人口1119万人の内訳は、自由業系フリーワーカー53万人(5%)、自営業系独立オーナー322万人(29%)、副業系すきまワーカー454万人(41%)、複業系パラレルワーカー290万人(26%)。
※2 複数の収入源を持ち、ひとつのビジネスに依存しない新しい働き方。

目次

    「フリーランス/小規模法人LABO」の設立意図とは

    ―中島さんがフリーランス/小規模法人LABOを立ち上げようと考えたきっかけは何ですか?

    中島:実は私、起業する随分前ですが、表参道にある有名美容サロンで働いていたことがありまして。ここは有名芸能人が訪れるようなお店ですが、当時先輩に売れっ子のスタイリストさんがいらっしゃって。である時この方が自分の店を持ち独立されたのですが……。
     
    去年の年末、8年ぶり位にこの方とお会いしたのですが、何だかまったく畑違いのネットビジネスを始められていまして。で、そのビジネスがスタイリストとしての経験が活かせていないもので、どうしてそれを始めたのかと聞いてみました。

    もちろん従業員は雇われていましたが、自分のお店の経営に手いっぱいで、常に店頭に立ち、頑張っていたようです。でも40代半ばになり、ずっと現場に立ち続けることに迷いが生じたようで。それで件の継続的収入が入るような、ネットビジネスに手を出されたようです。それが悪いというつもりはないのですが、あの一流の先輩が、好きでも独自性があるわけでもないビジネスを始めてしまうのか、という悲しさもあり、目の前のできる仕事に忙しく過ごし、情報が遮断されていると、いくら優秀な方でも視野が狭まってしまうのだなと感じるきっかけとなりました。
     
    少なくとも持ち前の美容スキルを活かして、美容メディアをやっている人とジョイントしたり、自分以外の業界の視点やスキルを持った人が近くにいれば、もう少し違うビジネスの展開が作れたんじゃないのかなと。

    ―このエピソードがフリーランス/小規模法人LABOを立ち上げる気付きになったとか?

    中島:その通りです。同じような小規模法人やフリーランスで働く人も、リソースが少なく、代表自身が不得意な作業をおこなったり、情報不足から専門外の領域に手をだして、間違いをおこすリスクがあるなあと。であるならば、フリーランス同士で相談でき、リソースや情報を共有できるコミュニティがあったらよいのかと。
     
    専門領域に特化するとその領域での深掘りが可能で、その価値は人からみたらすごい価値があることでも、自分では当たり前すぎて気づかないほどのものなんだと思います。その専門領域に特化したフリーランス同士が集まれば、これは強いことだろうなと。ひとつひとつのリソースは限られてても、尖っている部分だけをみて、何100社と集まれば力強いものになりますよね。
    そんなパワーを持ってる者同士が集まれば、フリーランスとしてのアドバンテージであるスピード感や専門性など、卓越した知識がもっと活かせると考えました。

    コミュニティをFacebookで立ち上げた理由
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム10月15日経営ハッカー編集部

      その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月09日経営ハッカー編集部

      ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月26日経営ハッカー編集部

      競争が熾烈化するインナーECショップで業績を上げ続け、上場も達成。株式会社白鳩が20年間成長を止めない理由とは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月24日経営ハッカー編集部

      企業がマネジメントすべき攻めの広報、守りの広報とは?~公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 日比谷尚武氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月19日経営ハッカー編集部

      ベンチャー大国イスラエルのイノベーション思考をどう取り込むか~日本=イスラエルビジネス第一人者、加藤氏に聞く

      2ブックマーク
    関連記事一覧