2019年06月28日(金)3ブックマーク

「フリーランス花盛り」の現代において、 そのポジション向上と働き方をサポートする意味とは

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
中島庸彰さん 株式会社socia'L CORE 代表取締役・株式会社PLAY&co 代表取締役

フリーランスとは……特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得るビジネスパーソンのことを指します。
 
いま現在国内でフリーランスとして活躍している人口は1119万人(2018年時点※1)で、約6600万人いるとされる総就労人口に対して、およそ17%を占めています。この数字は約6人に1人が業務委託や個人事業主として生計を立てているという実態を表しており、日本人の近年の働き方に対する意識の変化が読み取れるものです。
 
1990年代後半にはおよそ200万~230万人と言われていたこのワーキングスタイルですが、その後「終身雇用制や年功序列の崩壊」「プロジェクト単位の仕事の台頭」「リモートワークなどの働き方の多様化」「個人スキルに対する評価の変化」などにより大幅に増加。ITエンジニアや士業、デザイナー・ライター・編集者などの専門職を中心に、自由な働き方を選ぶ人々は毎年増え続けています。
 
さらに“働き方改革”に伴う政府主導による“副業・兼業の解禁”の影響も大きく、今後すきまワーカー・パラレルワーカー(※2)などの副業を含めたフリーランス人口は更に拡大していくと予想されています。
 
このようにフリーランス花盛りの昨今ですが、一方で「不安定な収益構造」「長時間労働に陥りやすい」「社会保障が受けられない」などの問題が噴出。弱者としての側面が大きくクローズアップされ始めています。
 
今回の経営ハッカーでは、このような時代背景を受け、フリーランスとして働く人々および小規模法人の社会的なポジションの向上を目的にその活動を支え、“税金対策”“スキルアップ”“受注率アップ”“事務サポート”などの啓蒙をテーマとしたコミュニティ「フリーランス/小規模法人LABO」を立ち上げた中島庸彰さん(株式会社socia'L CORE 代表取締役・株式会社PLAY&co 代表取締役)のお話をご紹介していこうと思います。
 
 
※1 フリーランス人口1119万人の内訳は、自由業系フリーワーカー53万人(5%)、自営業系独立オーナー322万人(29%)、副業系すきまワーカー454万人(41%)、複業系パラレルワーカー290万人(26%)。
※2 複数の収入源を持ち、ひとつのビジネスに依存しない新しい働き方。

目次
    「フリーランス/小規模法人LABO」の設立意図とは
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      18万人の社長に聞いた、誰にも言えない悩みを解決する71の処方箋~日本最大級のWeb経営者メディアWizBizの新谷氏に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      年末調整の「続柄」とは?記入ミスが多い理由と続柄の正しい書き方

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月22日経営ハッカー編集部

      若者へのSNSマーケティングはどうする?~ネクスター代表細田悠巨氏&27万人のフォロワーをもつインスタグラマー伊藤実祐氏に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月21日経営ハッカー編集部

      1日わずか約230円で会社にミニ法務部のような機能!弁護士費用保険リガールBizとは?

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月20日経営ハッカー編集部

      デザインの持つ計り知れない力!?営業しなくても注文が絶えないデザイン会社のブランディング戦略と人材マネジメントに学ぶ

      1ブックマーク
    関連記事一覧