2019年07月05日(金)3ブックマーク

“商いの本質”見つけたり!100年続く長寿企業になるための“秘伝のタレ”とは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

変化の激しい今の時代、起業しても会社を長く存続させることは至難の業…。しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?世界的に持続可能な開発目標(SDGs)への関心が高まっている昨今、100年以上継続する日本の長寿企業が世界の視線を集めています。

そうした長寿企業のデータを収集し研究している団体が、「100年経営を科学する」をコンセプトに2015年に設立された一般社団法人100年経営研究機構です。時代を越えて続く企業と、淘汰され消えていく企業の違いは何か?100年を超えても繁栄し続けるために企業がすべきことや心構えとは?100年経営研究機構の専務理事 事務局長を務める藤村雄志氏(株式会社VALCREATION 代表取締役)にお話しを伺いました。

目次

    長寿企業はあくまでも「結果」である

    ―まず100年経営研究機構の概要について教えてください。

    100年経営研究機構は、その名のとおり100年経営を科学することで、どのようにすれば企業やファミリービジネスの家系が長く続くのかということを未来志向で導き出し、日本だけでなく世界に向けて発信していくことを目的に設立された団体です。もともとは、日本における長寿企業やファミリービジネス研究の第一人者である後藤俊夫氏が、20年以上前に100年以上続く企業の研究を開始し、その生態系を国際規模でデータベース化していたことに端を発しています。おそらく世界で一番100年以上続く企業のデータを持っているのは100年経営研究機構でしょう。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧