2019年07月08日(月)2ブックマーク

1億総活躍社会を実現する働き方“週4正社員?制度”のススメ

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

政府が主導する働き方改革の名のもと、中小企業経営者に対しても、同一労働同一賃金など、さまざまな改革や変革が求められている。
一般的に考えたとき、働く人の立場から見ると短時間で早く帰宅できるというのは喜ばしいことだが、報酬の目減りが気になる。一方、雇用者である企業側から見ると働き方を変えることによって労働時間が減少し、生産性の減少が気になるところだ。

これらを解決する手段としては2つのアプローチがあるといわれる。一つは、「一億総活躍」。いままで働いてこなかった、もしくはパートタイマーなどとして働いていた人たちに、存分に力を発揮してもらうというもの。もう一つは、人材確保のために、柔軟な働き方や有給休暇取得を企業が推進していくことだという。

日本の企業風土の中で、この働き方改革で初めての対応に戸惑う経営者も多いという。多くの企業との関わり合いの中で、「週4正社員®制度」を提唱しているドリームサポート社会保険労務士法人の安中 繁氏に、経営者は何を意識し、どのように経営にあたっていけばいいかを聞いた。

目次

    ■働き方改革でも労働力を確保するには?

    ―週4正社員制度とは何なのかの説明に入る前に、求められる背景を教えてください。

    2つの背景があると思います。まずは、国民の「一億総活躍」です。いままで働いてこなかった、もしくはパートタイマーなどでしか働けなかった女性や高年齢者、病気や障がいを持った人、外国人、そういった人たちの力を存分に発揮していただき、みんなが活躍することで支えていかないと労働力が足りないということになります。しかし、少子高齢化が急激に進み、みんなで働いていこうという中で、圧倒的に女性や高齢者には、足かせもあります。つまり、家庭を守る責任や、自分の体と相談しながらといった制約があるわけです。そこで、短時間の時間限定はあるが、非正規ではない正社員として一定の役目を担いながら働けるようにする「ワークルール」が求められることになります。

    一方、改正労働基準法では、正社員の長時間労働に上限規制がかかっています。さらに、有給休暇を取得しなければならないという至上命令も加わります。企業では、より良い人材を採用して、長く留めおくためには、柔軟な働き方を考え、休みやすく働きやすい環境をアピールしていかないと、労働力の確保ができません。

    この2つの理由で、例えばマイクロソフト社では約2,300人の社員を、8月の1か月間週休3日にするという取り組みを行っています。つまり、週4正社員にするということです。すべての金曜日を特別有給休暇にすることで対応し、金土日を休みにします。こういったことをなぜ企業が取り入れるのかというと、企業の魅力を見せていかないと、優れた人材が確保できないためで、労務倒産に陥ってしまう危険性を回避するためと考えられます。

    ■週4正社員のススメ
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧