2019年08月22日(木)2ブックマーク

若者へのSNSマーケティングはどうする?~ネクスター代表細田悠巨氏&27万人のフォロワーをもつインスタグラマー伊藤実祐氏に聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

10代、20代の若者の間ではインスタグラムや、Twitterが日常に溶け込んでおり、マーケティングもSNSを意識しないといけないことはよくわかる。しかし、具体的にどうするかというとやり方はよくわからない。そこで、今回若者に特化したマーケティング会社ネクスター株式会社代表取締役細田氏と、27万人のフォロワーを持つ人気インスタグラマーの伊藤氏に話を聞いた。

目次

    SNSは人がリアル媒体

    -まず、はじめにネクスターがどのような事業を行っているのかお聞かせください

    細田:私どもは、若年層に特化したマーケティング事業を行っています。その範囲は「SNSマーケティング事業」「スチューデントマーケティング事業」「インフルエンサーマーケティング事業」といった分野です。設立して今期で8期目を向かえ、スタッフの平均年齢も28歳台と若く、子供のころからインターネットが身近にあり、使いこなしている「デジタルネイティブ世代」で構成されています。
     
    もともと、私は学生の時に某エナジードリンクのブランディング活動や、公的機関の若者向けマーケティング活動に関わらせていただいた経験があります。当社を創業してからもその経験や資産を活かしています。私自身も「デジタルネイティブ世代」であり、SNSが当たり前の中で育ってきており、私どもの強みとなっています。
     
    今、WEBの普及、さらにはSNSの普及により「個人」が気軽に情報発信できる時代になりました。SNSを活用して情報発信するひとりひとりの個人を私どもは「リアル媒体」と呼称しています。従来のテレビ、新聞、雑誌といったマス媒体に対して個人自体がメディアになる、いわば「リアル媒体」という存在が価値を持ってきているのです。

    -リアル媒体の流れが出てきている背景は何でしょうか?

    細田:20年くらい前からブログで情報発信をする「ブロガー」が登場していますが、SNSの時代になり、もっと手軽に個人が自己表現ができる時代になってきたことは言うまでもありません。SNSも会員型(クローズド型)のmixiから、オープン型と呼ばれるfacebook、インスタグラム、Twitter等が上陸し、普及することで機会が増え、情報発信のハードルを下げる効果を果たしてきました。ネクスターでは、部活、サークル、ゼミ、研究室、学生団体など学生が所属する1,200以上の団体31,000人以上の所属学生とリレーションを有しており、これらの「リアル媒体」をリソースとして、効果的な情報発信や情報収集を可能にしています。
     
    学生自身も、情報発信は日常的にやっていることなので、自然な活動として学生のインスタグラムへのポスト発信、ストーリー発信やTwitterへのツイート、リツイートの促進、学生特化のサンプリング、学生集客支援、アンケート、グループインタビューなどに繋がっているということです。私どもはこのような「リアル媒体」をソリューションとして「リアル媒体ビジネス」を行っているとも言えます。
     
    また、インスタグラムなどのフォロワー数の多いインフルエンサーと連携し、企業とインフルエンサーとのコラボをサポートしています。サポートするインフルエンサーの累計フォロワー数は600万人を超えています。

     -伊藤実祐さんとの連携もそういった中から生まれたと?

    細田:はい、タレントは除いて27万人のフォロワー数を持つ日本トップクラスのインスタグラマー、みゆちゃい(伊藤実祐)も私どもがサポートさせていただいています。SNSの中でも特に個人の媒体として、世界的にも主流なのはインスタグラムであると考えていますが、みゆちゃい(伊藤実祐、以下みゆちゃい)についてはこのインスタグラムの世界において、ステルスマーケティングではない、まっとうな取り組みでフォロワーを増やしインフルエンサーとして伸びてきている日本のトップクラスのインスタグラマーと捉えています。
     
    また、私どもは企業のSNSの運営管理(アカウント運用)そのものを、クライアント様と一緒に行っております。企業の担当者はどのように自社アカウントのSNSを運営するか、お客様とコミュニケーションを取るかといった点で、戸惑われている場合も多いので、我々が管理を支援しています。

    そもそもSNSマーケティングはWebマーケティングとどこが違うのか?
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12時間前経営ハッカー編集部

      AIはどこまで 進化するか?「人工意識」でAIが人類と共創する未来図とは~アラヤ金井良太代表に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月27日経営ハッカー編集部

      日本発の宇宙産業創出に挑戦するSpace BD、宇宙ビジネスのつくり方とは?永崎将利氏に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月25日経営ハッカー編集部

      空のインフラ構想で革命前のエアーモビリティ社会を牽引~A.L.I.Technologies片野大輔氏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月23日経営ハッカー編集部

      スキマ時間を意味のあるものに変える時間価値創造企業、タイミー代表小川嶺氏の目指す世界とは?

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム03月19日経営ハッカー編集部

      園芸業界のIT化で植物を身近に!地球を代表するグリーンカンパニーを創る~ストロボライト石塚秀彦氏

      0ブックマーク
    関連記事一覧