2019年09月05日(木)4ブックマーク

マジレス炸裂!田端大学塾長・田端信太郎×freee株式会社・鈴木眞理のガチンコ対談【後編】

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

今、ビジネスマンの“脳味噌のスポーツクラブ”的存在として、大いに注目を集めている『田端大学』。元LINE執行役員で現ZOZOTOWN執行役員の田端信太郎さんが2018年に立ち上げたオンラインサロンで、歯に衣着せぬ叱咤激励、いわゆる“マジレス”の数々が話題となっています。

田端大学では毎月定例会議が開催され、メンバーがその月の課題図書に関して課題を提出し、田端さんに選ばれた3人がプレゼンを行いMVPを決めます。今回、田端さんと対談するのは、2019年5月の定例会議において、入会初月で月間MVPを獲得しそこから3ヶ月連続プレゼンターに選出中のfreee株式会社鈴木眞理@shinri_55さん。

田端さんのマジレスが炸裂した【前編】に引き続き、【後編】ではビジネスや起業のあり方、マーケティングやブランディング、副業の重要性などについて白熱した意見が交わされました。その模様をお届けします。

目次

    田端大学がベンチャー企業社長向けプランを作った理由

    鈴木:IPO事業部を始めてから、ベンチャー経営者の方と話すことも多いんですけど、田端さんも今回ベンチャー企業社長向けプランを作ったじゃないですか。それはどんな理由があったんですか?

    田端:田端大学はある種のビジネスナレッジ提供業。自分が法人を作って思ったんですけど、人の会社に発注するお金って経費になるから、相手に対しての損金として自分の受注が立つということは、自分の売上を膨らます上ではめちゃくちゃ大事だと思うわけですよ。でも、個人のポケットマネーだとそういう感覚がないじゃないですか。学生も200人に到達して、これ以上個人を増やしていくのはそろそろ難しいなと思っていて。そうすると次に単価を上げていくためには、1人の単価を上げるしかないというのと、もともとツイッターでの拡散をセットにしたら高単価でも取れるだろうな、とは思っていたんです。

    鈴木:実際、ベンチャー社長向けプランは一瞬で埋まっていましたよね。ベンチャーをターゲットにしたのは社長個人がお金が払いやすいということから?

    田端:会社として受注して、行きたくもない社員を「お前、田端大学に企業派遣として行ってこい」みたいな感じで数人送り込まれるのって、お互い不幸だと思うんですよね。そういう意味でいうと、スタートアップの創業オーナー社長というのは、基本的に法人と個人が一致しているじゃないですか。完璧に一致はしないけど重なっている部分が大きい。だから、法人会員のようで個人会員ということを考えると、必然的にそうなるんですよね。

    鈴木:社長=法人というか、会社の顔というか。

    田端:そうそう。ベンチャーの社長と話をしているとヴィジョナリーな人って多いんですけど、でも社長自体が前に出ているかというと出ていない会社も多い印象です。

    鈴木:freeeも社長の佐々木はあまり前に出るのが好きじゃないほうですね。でもそれこそ、ZOZOの前澤さんは前に出ている。社長個人が前に出てくるのって、会社の認知度を上げるためには有効なのかなと思うんですけど。

    田端:唯一絶対の道ではないが、王道の一つではあると思いますよ。

    鈴木:そういうところを狙って、ベンチャー社長プランを作ったと。

    田端:逆にその自己顕示欲に対して、横から燃料投下の助太刀しますよ、という(笑)。そのかわり会費くださいっていう、平たくいうとそういうモデルじゃないですか?ソーシャル雇われ太鼓持ちみたいな。

    鈴木:そこで一気に、田端砲で認知度が上がっていくと。

    田端:あとはZOZOもそうですけど、そうは言いながらも創業オーナー社長って、ほっといたら裸の王様みたいになりがちだから、僕みたいな人間が外から身も蓋もなくマジレスしてあげると、けっこう喜ばれるんですよ。社員になっているとなかなか言えないじゃないですか。

    鈴木:なるほど。でも田端さんはZOZOの社員じゃないですか。前澤社長にマジレスすることってあるんですか?

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム20時間前経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧