2019年09月19日(木)2ブックマーク

ベンチャー大国イスラエルのイノベーション思考をどう取り込むか~日本=イスラエルビジネス第一人者、加藤氏に聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

イスラエルは1946年に建国された新しい国で、約900万人の人口を擁しています。それほど大きな国ではありませんが、GAFAを始めとする世界の巨大企業が次々にイスラエルに拠点を構え、日本企業の進出も増えているのは一体どういった理由があるのでしょうか?

実は、イスラエルは国家の基本戦略としてベンチャー起業促進を掲げており、国民一人当たりのベンチャー起業数が世界一の起業大国なのです。イノベーション省という省庁もあり、軍需技術の民生化にも力を入れていて、人工知能や、自動運転、情報セキュリティなど、幅広い最先端技術の宝庫となっています。そして、世界有数の企業が拠点を置きたがる理由は、技術もさることながら、イスラエル人の斬新な発想力、ゼロベースでのイノベーション力に期待しているからです。

これほど世界から注目されるイスラエルのイノベーション力はどこから出てくるのでしょうか。また、日本のベンチャー、中堅、中小企業はどのようにそれを活用すれば良いのでしょうか?本稿はイノベーションの秘密を探るべく、イスラエルのディープな内情を知るため、いち早くイスラエルの可能性に気づき日本とイスラエルのマッチアップを支えている株式会社イスラテックの加藤CEOに話を伺いました。

目次

    知られざるイスラエルビジネスの実態

    -まず事業内容についてお聞かせください

    当社は、イスラエルのスタートアップの調査を得意としています。イスラエルのスタートアップ企業は毎年、1,000社ほど生まれており、弊社はその企業情報をデータベース化し、現在6,000社の詳細データを保有しています。自社データベースに基づいて調査を行い、企業の目利きのhow toをナレッジとして蓄積しています。このデータは当初は私が、直接スタートップCEOに会い、ヒアリングを積み重ねて作ったものです。従い、現地では、face to faceでの人的ネットワークを構築しており、一次情報が届けられるため、クライアント企業からは、弊社の情報の量・質を評価いただいています。
     
    普段イスラエルと接点のない日本企業だと、文化や商慣習の違いが理解できないため、テクノロジーが洗練されていて、自社に合った企業と協業まで持っていくのは至難の技であると言えます。そこで、マッチアップさせる役割が必要となり、弊社がサポートを行います。
     
    近年では、視察のアレンジやイスラエルに進出したい企業へのコンサルティング、実行支援などの業務依頼が増えてきました。今までのクライアントは50〜60社ほどで、大企業がメインとなりますが、先進的なベンチャー企業の支援も行っています。日本ではまだイスラエルがイノベーション大国だという認知が広くありませんので、まずは知っていただくことが大事だと考え、イスラエルビジネス視察ツアーを定期的に開催しています。他にも、セミナー等でイスラエルの認知を広げていく活動を行っています。

    -マッチアップを行う事業の特徴や難しさについてお聞かせください

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム10月21日経営ハッカー編集部

      今、日本企業に求められているOKRとは?~Google出身でOKRの神髄を知るピョートル・F・グジバチ氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月15日経営ハッカー編集部

      その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月09日経営ハッカー編集部

      ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月26日経営ハッカー編集部

      競争が熾烈化するインナーECショップで業績を上げ続け、上場も達成。株式会社白鳩が20年間成長を止めない理由とは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月24日経営ハッカー編集部

      企業がマネジメントすべき攻めの広報、守りの広報とは?~公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 日比谷尚武氏に聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧