2019年09月26日(木)3ブックマーク

競争が熾烈化するインナーECショップで業績を上げ続け、上場も達成。株式会社白鳩が20年間成長を止めない理由とは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

経済産業省の調査によると、2018年のBtoCのEC市場規模は17兆9,845億円となり、前年の16兆5,054億円に比べて8.96%増に拡大しました*。スマートフォンが幅広く普及していること、2020年に控える「5G」の始動でユーザーエクスペリエンスの向上が見込まれることなどから、さらなる市場の拡大が期待されています。その一方、デジタルテクノロジーの発達で新規参入が容易になったことで、競合他社との競争は激化。生き残りを賭けての経営者の手腕が問われています。
 
ネット上の各種チャンネルでインナーウエアを販売するビジネスを展開するのが株式会社白鳩。1997年に訪問販売・カタログ販売からEコマースに大きく舵を切り、以降右肩上がりに業績を伸ばしてきました。2014年には上場を果たし、2018年は過去最高の売上53億8400万円を達成しています。創業者で代表取締役会長の池上勝氏がECビジネスに社運を賭けたのは57才からの挑戦。第二の創業とも言える変革期の舵取りとは? 企業にとって上場とは? ECビジネス黎明期から現在までを振り返り、語っていただきました。
 
(本インタビューは、一般社団法人エコロジー・カフェの会社訪問活動の一環として行われたものです。 エコロジー・カフェ  http://ecology-cafe.or.jp/
 
*経済産業省「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

目次

    インターネットの可能性に閃き、ネットショップ黎明期にいち早く参入

    ―御社は、訪問販売からスタートしたと伺っていますが、ネットショップに転換した経緯を伺わせてください。

    1964年に靴下の職域販売で創業し、1974年に株式会社白鳩を設立しました。取扱い品目をインナーウエア全般に広げ、訪問販売や通信販売大手のベルメゾンネット(千趣会)様などに刺激されて、1976年にカタログ販売を開始します。カタログ販売自体は、セシール様が大きくなった影響などで赤字になり、後に撤退しましたが、この時期にオフコンを購入したことで、1995年にネットショップに移行した時もスムーズでした。
     
    インターネットにつないで住所を打ち込めば伝票と郵便局の振込用紙が出てくるというシステムの採用は、京都の企業で当社が早かった方だと思います。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム10月21日経営ハッカー編集部

      今、日本企業に求められているOKRとは?~Google出身でOKRの神髄を知るピョートル・F・グジバチ氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月15日経営ハッカー編集部

      その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月09日経営ハッカー編集部

      ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月24日経営ハッカー編集部

      企業がマネジメントすべき攻めの広報、守りの広報とは?~公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 日比谷尚武氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月19日経営ハッカー編集部

      ベンチャー大国イスラエルのイノベーション思考をどう取り込むか~日本=イスラエルビジネス第一人者、加藤氏に聞く

      2ブックマーク
    関連記事一覧