2019年09月13日(金)6ブックマーク

「グロースハック」を「事業成長請負」に再定義。プロフェッショナル集団「電通グロースハックプロジェクト」の始動で、スタートアップ、大手企業の新規事業はどう変わる?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

2018年の国内スタートアップによる資金調達額は3,848億円に上り、前年比は122%(「Japan Startup Finance Report2018 国内スタートアップ資金調達状況<速報>」)。スタートアップを巡る動きが熱を帯びています。このような状況の中、広告会社と企業との関係も大きく変化。従来のマーケティング領域にとどまらず、早い段階でコンタクトするなど、起業家を後押しする動きが活性化しています。
 
電通も、スタートアップ企業向けの支援機能を強化。クリエイティブ面を中心に支援する「GRASSHOPPER」、スタートアップ向けコミュニケーション支援サービス「TANTEKI」、立ち上げからエグゼキューションまでをトータルサポートする「電通グロースデザインユニット(DGDU)」などのチームが次々に立ち上がってきました。
 
そして、2019年3月に始動したのが、様々なフェーズでスタートアップの成長を支援する「電通グロースハックプロジェクト」です。実は本プロジェクトは、水面下では2015年から電通内で始まっていました。2018年夏頃に電通デジタルが合流、2019年3月にはバーチャル組織の主幹グループが立ち上がり、 6月には電通と電通デジタルの公認となったもの。電通及び電通デジタルから多様な領域のプロフェッショナルが集結したチームが提供する価値とは? スタートアップは、どのようにチームのサポートを受け、豊富な知見を活用できるのか? 注目のプロジェクトについて、代表 を務める上野雅博氏とメンバーの石田宗隆氏にお話を伺いました。

目次

    グロースハックを再定義。「成長請負」が目指すものとは

    ―まずは、電通グロースハックプロジェクトとは、どのような組織なのかを教えてください。

    上野:電通グロースハックプロジェクトは、電通の事業企画担当と電通デジタル全8部門から30名ほどが集ったチームで運用しています。立ち上げに至るまでには2つの流れがあり、ひとつは2015年に電通で始まったプロジェクト。もうひとつが電通デジタル内で2018年に起きた動きです。僕自身がコンサルティングの施策を打つ中で様々な課題を感じていたところ、他部門の社員もそれぞれに課題を抱えていたことがわかったんです。「アプリをインストールした後にリテンションが上がらない」「Webでやっていたようにアプリでも改善できないだろうか」など話をする中で、部門を超えて課題解決に取り組もう、という動きが自発的に始まりました。その後、電通サイドとつながり、合流する形で2019年3月にバーチャル組織運営の主幹グループ「グロースハックグループ」を設立、6月に電通デジタルでも公認化されたという流れです。僕は、成立時よりバーチャル組織「電通グロースハックプロジェクト」の代表と主幹の「グロースハックグループ」のマネージャーを務めています。

    ―グロースハックは、かなり以前から見聞きしている言葉です。2019年にスタートしたプロジェクト名に、あえて使ったことに心意気のようなものを感じます。

    上野:グロースハックは2011年頃に登場した言葉ですが、解釈の仕方が未だに多様です。ABテストやアプリ改善など限定的な使われ方をされることが多く、それはすごく狭い定義だな、と感じていました。ぼくらが考えるグロースハックはもっと広いのです。「成長請負」という意味合いを持つものとして、世の中に問いかけたい。再定義していきたいという気持ちから名称に入れました。プロジェクトのビジョンは、「新しい価値を形に」です。今、「グロースハックというと新しいの?」と聞かれると新しくない。ですが、広告会社でこれに本格的に取り組んでいるところは聞いたことがありません。広告会社がやる新しい取り組みということを価値にし、かつ手にとれる形にしたい、という想いで全メンバーが取り組んでいます。

    ―大変意欲的で、チームの熱量が伝わってくるようです。そういうメンバーが30人も揃い、幅広い領域をカバーしていくわけですね。

    上野:メンバーはそれぞれ専門性を持ち、現場の第一線でバリバリ活躍している人間ばかりで、それが最大の強みです。具体的な領域としてはビジネス開発からサービスデザイン、KPI設計、広告、SEO、データアナリシス、エンジニアリング、AI研究、UI/UXデザイン、クリエーティブデザインなど様々。今後はコーポレート職側の支援などもできないかと考えています。また、主にスタートアップを対象にしていますから、幅広く知見を仰ぎたいと考え、メルカリで現職の石田さんをはじめ社外からも副業的に参画いただいています。また、専業として、スタートアップから転職いただいている方も何人かいます。
     
    実際の動き方は、週1回の定例ミーティングで案件をまとめ、そこでアサインが決まればユニットを組んでいきます。ゆくゆくは、スタートアップも巻き込んだコミュニティのようにしていきたいと思っています。

    ―今日は、社外メンバーのひとりである石田さんにもお越しいただいています。石田さんがジョインした経緯を伺わせてください。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月18日経営ハッカー編集部

      ボケてで500万DL、アプリプロデューサー・イセオサムさんの仕事哲学「あそぶようにはたらく」を追求したらどうなる?

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月15日経営ハッカー編集部

      令和時代のテクノロジーと新しい経済のありかたとは?面白法人カヤック柳澤大輔代表×「らぼっと」のGROOVE X家永佳奈氏

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月11日経営ハッカー編集部

      経営をもっとシンプルに!NPSとeNPSで顧客ロイヤリティと従業員エンゲージメントを一気に改善する方法~株式会社Emotion Tech

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月08日経営ハッカー編集部

      開発がわからないでは済まされない時代! 経営層や事業責任者が知っておくべき開発手法の見極め方

      0ブックマーク
    関連記事一覧