2019年10月09日(水)3ブックマーク

ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

「働き方改革」への取り組みが活発になっている昨今、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社が2016年7月から先駆的に導入した「WAA(Work from Anywhere and Anytime)」。働く場所や時間を社員が選べる新しい働き方として反響を呼びました。

2017年1月には、WAAのビジョンに共感する企業・団体・個人のネットワーク「Team WAA!」が発足。さらに今年は「テレワーク・デイズ2019」に合わせ、ユニリーバ式ワーケーション「地域 de WAA」もローンチされ、全国的な広がりを見せています。

この拡大現象について、WAA導入の旗振り役である同社取締役人事総務本部長の島田由香さんは「周囲が勝手に巻き込まれて広がっていく感じ」だと表現します。WAAがここまで共感を呼ぶ理由は何か、全国的な広がりの背景には何があるのか。島田さんに聞きました。

目次

    明確なビジョンと信念が推進力の源

    -WAAに取り組まれた背景について教えてください。

    まず原体験としてあるのは、高校生のときに経験した満員電車です。受験日の朝に乗った地下鉄がギュウギュウ詰めで、これは一体何なんだと。社会人になると毎日のことになるわけです。「こんなに意味のないことを毎日続けるなんて、どうかしてる!」と強く思っていました。

    そもそもなぜ、会社は9時に行かなければならず、会社でなければ仕事ができないのでしょう?台風で交通がマヒしているときも、どうにかして出社しようとする。もう「こんなに大変な中、頑張って来ました」とアピールする目的のためだけに出社していますよね。そんな無意味なことに、どれだけのエネルギーと時間を使っているか…。

    どこで働いても結果さえ出していればいいわけですし、どういう仕事の仕方がもっとも効率的かは、人それぞれ違うはずです。それなのに、なぜ一律に枠にはめてしまうのか。WAAの構想は以前からずっと温めていましたが、時代がまだ追いついていなかったのか、そのときのトップに提案してもそこまでのコミットメントはありませんでした。

    -WAA導入に向けて大きく動き始めたのはいつですか?

    転機が訪れたのは、2014年。トップとして新たに着任したイタリア人のフルヴィオが、日本は驚くことばかりだと言うのです。日本人の礼儀正しさなどポジティブな驚きだけでなく、「なぜあんな満員電車に乗るの?」「なぜこんなに遅くまで働くの?」「家族とはいつ過ごしているの?」というネガティブなものもありました。毎朝、ビルの外までつながるエレベーター待ちの行列を写真に撮り「見て、今日もまた!」と(笑)。

    そこで以前から考えていたWAAのアイデアを彼に提案してみたんです。「こういうことをやりたいんだ」と伝えたら、二つ返事で「やろう」と快諾してくれて。その4か月後には全社にWAA導入を告知しました。スピード感をもって導入できたのは、本当にフルヴィオがいたからこそです。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム20時間前経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧