2019年10月15日(火)4ブックマーク

その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

特許や商標などの知財活用に長けた中小企業は少ない。そもそも弁理士が企業経営において身近な存在とは言い難い。こう嘆く、弁理士の専門家集団がいる。取得されている特許のほとんどは無価値、ここまで言い切ってしまうのは乱暴かもしれないが、企業経営者が考える知財と、この専門家集団の意識との間には相当な隔たりがあるように思える。
 
2018年に発表された「中小企業の知的財産活動に関する基本調査」によれば、中小企業の中で特許権を所有しているのは2.9%。社数にしてわずか1万社ほどに過ぎない。その上、その特許権のおよそ半分が実製品等に使用されていないという。
 
今回は、こういった問題意識から立ち上がろうとしている、経営者に寄り添う凄腕弁理士集団「IPアライアンス」の面々に、知財の問題や、活用方法、弁理士の選び方などの秘訣を聞いた。これを読めば、貴方の会社の知財経営は様変わりするだろう。

 

知財とは何か?

本題に入る前に、そもそも知財とは何なのか?やや曖昧だという方のために整理しておこう。「知財」とは知的財産のことで知的活動によって生み出されたアイデアや創作物のことを指す。知的財産権とはその「知財」を保護する権利だ。「特許権」「意匠権」「商標権」「実用新案権」は産業財産権と言われ、特許庁に出願し、審査を通過することで一定期間、知財を保護することができる。
 
コストをかけ研究を重ねた末に生み出した製品も産業財産権の取得などの適切な対策をとらなければ、模倣された場合、当然のことながらその知財を保護することはできない。「知財」について知識を得て、的確な保護対策をとることは会社を守るために大切なことなのだ。

特許を企業経営に生かすことをめざす弁理士集団「IPアライアンス」とは?

ただ、この知的財産、活用の仕方一つで企業の将来に大きな差が出てくる。そう語るのは「IPアライアンス」の弁理士の面々だ。「大切なのは知財権を取得するという行為ではなく、その知財を経営にどう活かすかだ」と言う。
 
弁理士と言えば一般的に産業財産権の出願代行をする士業と認識されることが多いが、IPアライアンスの仕事のスタンスは、出願手続きは業務の一部に過ぎず、企画から販売、その後の展開に至るまでを視野に入れ、企業の知財の活用を全面的にサポートするというものだ。
 
通常、弁理士としては権利化業務をこなした数だけ収入を得ることができる。長いスパンで企業をサポートすることは収入に直結しないため敬遠されがちだが、意味のある知財活動のためには権利取得後を見据えたサポートをしっかり行うべきだと断言する「IPアライアンス」。現在のように無価値な知財権の取得を横行させるのではなく、知財の専門家として価値のある知財活用を広めることが、最終的には弁理士の存在意義に帰結すると彼らは考えている。
 
それでは、IPアライアンスの活動とは一体どのようなものなのか?

目次

    企業の知財への取り組みに対するIPアライアンスの問題意識

    -まずは、IPアライアンスを結成した先生方各位の問題認識を含め自己紹介をお願いします。

    垣木晴彦(アルカディア知財事務所):特許情報をマーケティングに生かせていない。商標とブランディングがつながらない問題

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム11月15日経営ハッカー編集部

      令和時代のテクノロジーと新しい経済のありかたとは?面白法人カヤック柳澤大輔代表×「らぼっと」のGROOVE X家永佳奈氏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月11日経営ハッカー編集部

      経営をもっとシンプルに!NPSとeNPSで顧客ロイヤリティと従業員エンゲージメントを一気に改善する方法~株式会社Emotion Tech

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月08日経営ハッカー編集部

      開発がわからないでは済まされない時代! 経営層や事業責任者が知っておくべき開発手法の見極め方

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月28日経営ハッカー編集部

      IPOに導いた上場企業CFO13人が明かす「IPO虎の巻」

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月28日経営ハッカー編集部

      会社と個人の歪んだ関係を「ストーリー経営」で立て直す!日本型雇用の根本問題に斬りこむ株式会社YourVerse長谷川氏に聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧