2019年10月28日(月)1ブックマーク

会社と個人の歪んだ関係を「ストーリー経営」で立て直す!日本型雇用の根本問題に斬りこむ株式会社YourVerse長谷川氏に聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

今、会社組織と個の関係が揺らいでいる。一言でいえば、会社が個人の面倒を一生見るから、その代わり会社の依頼する無理難題を聞いてくださいねという、労使暗黙の合意の上に成り立つ終身雇用システムが崩壊したということだ。終身雇用が守れなくなったことで、個と組織の関係がギクシャクしている。組織における採用難、離職率の高止まり、メンタル不調の蔓延がそのことを物語る。いくら働き方改革を声高に叫んでも相互に根本の軸がズレていたのでは、成果が出るわけがない。
 
では、新しい組織と個の関係はどうあるべきか?株式会社YourVerse代表取締役の長谷川朋弥氏は次のように指摘する。「企業は『人』の集合体です。 会社のストーリーである理念やビジョンの中に、個々⼈の体験や想いが詰まったストーリーが反映され、⼤きく共鳴し、補完しあうことで、企業は成⻑していきます。新しい多様なストーリーを持った⼈を増やすことで、より成⻑を促すことができるのです」
 
長谷川氏は「ストーリー経営」により、会社と個のストーリーを可視化し、「共感」を生むことでこれからの組織と個の新しい関係が創出できるという。そもそも「ストーリー経営」とは一体何なのか?なぜこのサービスを提供しようと思ったのか?長谷川氏に話を伺った。

目次

    会社も個人もストーリーを持たなければいけない時代

    -まず、御社のメイン事業である「ストーリー経営」のコンサルティングについてお聞かせください。

    現在、⼤企業になっているどの企業もかつては個⼈商店であり、スモールビジネスでした。スモールビジネスが世界で戦えるエンタープライズに成長していくには、ストーリーが必要です。例えば、本田技研工業の創業者・本田宗一郎さんは「世の中のために良い物を作る」「エンジニアが活躍する会社にしたい」というストーリーを念頭に置いて会社を展開していました。また、SONYがまだ東京通信工業だった頃の設立目的には「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」とあります。SONYの沿革を見れば、成功も失敗もありますが、設立目的を実践しているストーリーがわかるでしょう。
     
    しかしながら、経営理念やvisionを掲げ、経営陣がアツイ想いを語り、人を採用し育成していても、なかなかスタッフには浸透していかず、頭を抱えている経営者の方は多いのではないでしょうか?また、スタッフとしても、綺麗な言葉ばかり並ぶ理念と今の業務がどのように紐づいているのか理解しがたいこともよくあるかと思います。
     
    つまり、「ストーリー経営」とは、会社のストーリーと個人(スタッフ)のストーリーを見える化し採用、育成、評価、組織活性などの場面でのコミュニケーションを行うことで、共感を見つける取り組みになります(以下図1)。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム11月15日経営ハッカー編集部

      令和時代のテクノロジーと新しい経済のありかたとは?面白法人カヤック柳澤大輔代表×「らぼっと」のGROOVE X家永佳奈氏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月11日経営ハッカー編集部

      経営をもっとシンプルに!NPSとeNPSで顧客ロイヤリティと従業員エンゲージメントを一気に改善する方法~株式会社Emotion Tech

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月08日経営ハッカー編集部

      開発がわからないでは済まされない時代! 経営層や事業責任者が知っておくべき開発手法の見極め方

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月28日経営ハッカー編集部

      IPOに導いた上場企業CFO13人が明かす「IPO虎の巻」

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月26日経営ハッカー編集部

      火災保険と地震保険は年末調整で控除される?知っておくべき基礎知識

      0ブックマーク
    関連記事一覧