2019年11月15日(金)1ブックマーク

令和時代のテクノロジーと新しい経済のありかたとは?面白法人カヤック柳澤大輔代表×「らぼっと」のGROOVE X家永佳奈氏

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

世界の経済システムや地球環境、あるいは人の価値観そのものが大きく揺らぎはじめた令和の時代に、人間本位の新しい枠組み作りが求められている。もっぱら経済的合理性を追求し壁にぶち当たった資本主義はこれからどう変わればよいのか?また、人が幸せになれるテクノロジーはどうあればよいのか?今回、グローバル資本主義と人のつながりから成る地域経済との新たな接合をめざす「鎌倉資本主義」を提唱する面白法人カヤック 柳澤大輔代表と、人のつながりを創出する新しい概念のロボ「らぼっと(LOVOT)」のGROOVE X 家永佳奈氏とのセッションによりさまざまな示唆が提示された。
 
(本セッションは、禅とマインドフルネスの国際カンファレンス「zen2.0 2019~つながり」の中で「令和時代のテクノロジーと新しい経済のありかた」を取材したものです。2019年9月22日@北鎌倉 建長寺 司会:zen2.0事務局)

目次

    資本主義とテクノロジーの乗り越えるべき課題

    -まず、今回議論の前提として活動内容のご紹介と課題の提起をお願いします

    柳澤:面白法人カヤックは2014年に上場し、鎌倉では唯一の上場企業として活動しています。今回の統一テーマである「つながり」に因んで言えば、当社は鎌倉での起業やイベント支援を積極的に行っています。
     
    最近の話題としては、この春にうんこミュージアムYOKOHAMAをアカツキさんと一緒に作りました。もともとカヤックでは、2011年にうんこ演算というアプリを出していたので、うんこについては馴染みがあります。
     
    カヤックは面白法人を標榜しており、それに込められた思いがあるからです。その思いは3段階からなり、
     
    フェーズ1. まずは、自分たちが面白がろう。
    フェーズ2. つぎに、周囲からも面白い人と言われよう。
    フェーズ3. そして、誰かの人生を面白くしよう。

     
    というものです。まず、心の在り方について言及すれは、フェーズ1.のどう自分が面白くなるかが最も重要なのです。2.3.はテクニックの話になります。自分が楽しいと思えるためには、最低限物理的に安定化することが必要で、経済資本も非常に重要ですから、企業として営利活動を行い、生産性を追求しています。しかし、面白がるには合理性だけでは足りません。人とのつながりや、自然・文化といった目に見えない資本が必要となってきます。
     
    こういった考え方を我々は「地域資本主義」と名付けており、資本主義の原理原則に従って何をするか(地域経済資本=生産性)、誰とするか(地域社会資本=人のつながり)、どこでするか(地域環境資本=自然・文化)のバランスの中で成長していけたらと願っています。その中で我々は鎌倉を選び「鎌倉資本主義」を実践しています。
     
    しかし、通常企業は何をやるかだけに注力し、誰とするか、どこでするかはあまり追求しません。資本主義における生産性の観点においての合理性ばかりを求めて、人と場所を気にしないことが多い。ただ、会社で働くのは人間ですので、人間にとっては、誰とするか、どこでするかは結構重要です。ただ、これを「何となく重要です」というだけでは企業は動かないので、人や地域とのつながりをテクノロジーでどう可視化するかといったことが必要になってきています。可視化されて、初めて企業がKPIとして追い求めやすくなるからです。つまり、これがテクノロジーをどう使うかという話かなと思っています。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧