2019年11月22日(金)1ブックマーク

バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

婚活サバイバル番組バチェラー・シーズン2の主役という印象が強い小柳津林太郎さん。だが、最近は「ハイブリッドサラリーマン」へと次のステージに進化を遂げていた。そして、ハイブリッドな8名が持ち回りで運営するサロン「ハイブリッドサラリーマンズクラブ」を2019年8月に立ちあげた。
 
折しも組織とワーカーの関係がゆらぐ現在、経営サイドが持ち出す働き方改革だけでなく、双方がどのような関係を結びながら、イノベーションを起こすことができるのかが求められている。そのひとつの回答がワーカーの側からの積極的なアプローチだ。企業内スタートアップやデュアルワーク、ビジネス以外でも活動するパラレルな働き方が広がる中、「ハイブリッドサラリーマンズクラブ」は、何を目指しているのか?
 
そもそも、パラレルではなく、ハイブリッドにこだわる理由は何か?また、この昭和の響きさえある「サラリーマン」という言葉をあえて持ち出すには、何か狙いあるに違いない。
 
バチェラー2の経験を経て、新境地を拓く小柳津さんに話を聞いた。

目次

    「ハイブリッドサラリーマン」とは?

    ―「ハイブリッドサラリーマン」を理解するためには、今どんな活動をされているのか聞くのが早そうです。まずは、ご自身の現在について伺わせてください。

    現在、業務委託という立場で株式会社トレンダーズともう1社の顧問を務めています。サイバーエージェントの13年間で培ったノウハウ、ネットワークを駆使して、会社のバリューをあげるのがぼくのミッションです。こちらの活動に週2日くらいをあてています。また、バチェラー・ジャパン出演のおかげで、依頼が増えた講演会やメディア出演のほか、エンジェル投資家として4社に投資していますので、その支援も行っています。そして、もちろんこの「ハイブリッドサラリーマンズクラブ」の運営業務。これらが全体の活動の中の半分ですね。あとの半分は、最近立ち上げたモノとコトをプロデュースする事業会社で、自分のプロデュース商品や他のインフルエンサーのプロデュース商品のサポートも行っています。

    ―小柳津さんは、ご自身では「ハイブリッドサラリーマン」をどう定義していますか?

    組織人として本業をもちつつ、「アンド」で2つ、3つのわらじを履いていて、その2つめ、3つめが1つめの本業にシナジーが生まれるように持っていこうとする人たちのことを「ハイブリッドサラリーマン」と定義しています。もちろん、男性だけではなく女性も含むので、実質はハイブリッドビジネスパーソンですが、サラリーマンが持つ雇用者としての鮮明なイメージをブランディングしたいという想いもありました。さらに、サラリーマンの方が語呂がいい。
     
    実は、「バチェラー・ジャパン」が終了した頃、ツイッターなどで自分が「ハイブリッドサラリーマン」と呼ばれているのを知り、造語としてキャッチ―だな、と思ったのも命名の理由です。

    ―最近、企業が社員の副業を解禁したことで、パラレルワーカーが増えていますが、ハイブリッドサラリーマンはどこが違うのでしょう。

    副業は自分の持っている能力の切り売りなので、多少の学びがあっても物凄い成長はない。どちらかという収入目的ですよね。ハイブリッドサラリーマンが提唱しているのは、補てんという意味の「副業」ではなく、複数の「複業」です。本業があり、「アンド」でいくつかのことを行いますが、それは単なるアルバイトではないものです。NPO法人で何かしら社会にコミットする、すごく好きな趣味に没頭する、何かのマスターになるなど。そうやって自分のタグを2つ、3つと増やしていき、それぞれのタグが強くなり、掛け合わせていくことで新しい価値を生み出す、という考え方です。

    ―小柳津さんのタグは相当多そうですし、強そうです。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月18日経営ハッカー編集部

      ボケてで500万DL、アプリプロデューサー・イセオサムさんの仕事哲学「あそぶようにはたらく」を追求したらどうなる?

      2ブックマーク
    関連記事一覧