2019年11月25日(月)1ブックマーク

震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

未曾有の被害がいまだに尾を引いている、2011年3月に起こった東日本大震災。その震災を機に立ち上がった竹井智宏氏は、仙台を拠点に、地方特化でかつ一気通貫型のインキュベーションハブ事業を行っている。地方特化ファンドの運営、アクセラレータープログラム 、コミュニティとエコシステム作り、自治体連携、大学連携とここまで一つの機関が取り組んでいる例は聞いたことがない。
 
そんな中、竹井氏は「東北では、東日本大震災以降の取組みが蓄積し、スタートアップエコシステムも開花寸前」だという。MAKOTOグループの活動もあって仙台市は、起業率が全国2位となった。仙台市は、毎年2月には起業家月間として、1か月で30以上のイベントを開催するなど、スタートアップ支援に力を入れている。また、山形県鶴岡市では、バイオベンチャー群に成⾧が見られ、ヒューマンメタボロームテクノロジーズ(マザーズ上場)等の動きがある。また、竹井氏は「 各コンテストで東北勢の入賞が増加した」と指摘する。
 
グループ名の由来でもある「誠」は、私心の無い状態を表しており、その究極の「至誠」は、私心を無くし尽くすという事。「強い事業を作り、命を守り輝かせる」をビジョンとして、その志を持つ全ての 人々の理想郷を東北に作り上げ、人作り・事業作り・ 仕組作りを通じて、世界・ 社会に貢献する企業グループとなることを目指している。
 
過去に例がない事業体ゆえ前置きが長くなったが、竹井氏はこのユニークなイノベーションエコシステムを拡大し、東北から世界へ飛び立てる、世界初の独創的な産業創造の仕組みを作ろうとしている。
 
それはいったい何なのか?他のインキュベーションの仕組みと何が違うのか?どのようなマネジメントによりそれが可能となっているのか?今回、その発展プロセスを聞いた。

目次

    東日本大震災が最大の転機

    -なぜMAKOTOを立ち上げたのかその背景を教えてください。

    もともとは大学の研究者を志して生命科学を研究していました。領域は地球や生物の進化、さらに活性酸素の研究などです。しかし、黙々とタコ壺の中に籠って研究するよりも、ダイレクトに人々に役立つことをすべきではないかと気づき、大学院時代に休学し、自らが起業家として挑戦したこともありました。その修行のため産学連携プロジェクトに潜り込み産業界の知見を獲るとともに、その後は民間ベンチャーの現場、さらに仙台のベンチャーキャピタルに転職して、ハンズオン型のベンチャー支援を経験しました。
     
    時代背景的には、2001年アメリカの同時多発テロの発生や国内での長引く不況で、人々が不幸に巻き込まれることが多くなってきたことがあります。さらに、「人の役に立つ仕事をしたい」とまじめだった妹の悩んだ末の予期せぬ自死・・・。世の中何でこんなにひどい状況なのか、苦しんでいる人がたくさんいる。世の中がどんどん悪くなっているというトレンドを変えなきゃ。しかし、何をどうしたらいいのかと悶々と考えているときに、2011年3月に東日本大震災が起きました。
     
    これには、「いつか、誰かが」ではなく、「今、自分自身が」やらなくてはいけない、この状況を変えなくてはいけない、と背中を強く押された感覚があります。そして直ちに会社を退職し独立しました。もともとファンドをやりたくて会社を立ち上げたわけではありません。世の中をよくしたいという一心で、アントレプレナーを応援し、人が育ちやすく輝くような仕組みづくりを構築したかったのです。

    東北の起業家支援エコシステムの成り立ち
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月18日経営ハッカー編集部

      ボケてで500万DL、アプリプロデューサー・イセオサムさんの仕事哲学「あそぶようにはたらく」を追求したらどうなる?

      2ブックマーク
    関連記事一覧