2020年06月15日(月)0ブックマーク

開業届はまだ出せる?コロナ禍の今だからこそ!開業と青色申告のススメ

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

持続化補助金、持続化給付金、家賃支援給付金...現在、コロナ禍によって経営に苦労している個人事業主・フリーランスの方々を対象とした支援策が次々に打ち出されています。

これらの申請にはいずれも開業届、確定申告書が必要になります。

しかし今まで事業所得での確定申告を行ってこなかった、開業届を出していなかったなどの理由で申請ができず困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、開業届をまだ出すことができるのか、昨年の確定申告を行っていなくても給付金を受け取ることはできるのか、さらに開業届を出して青色申告を行うことでどのようなメリットがあるのかを解説します!

目次

    開業届はまだ出せる?

    開業届の正式名称は「個人事業税の事業開始等申告書」です。これを提出することによって個人事業主として承認され、事業規模によって所得税や個人事業税などが発生します。
    また、開業届を提出することで青色申告が行えるようになります。

    開業届は原則事業を開始してから1か月以内に提出することとなっていますが、提出しなかったことや提出が遅れたことによる罰則はありません。

    つまり、補助金や給付金の申請に必要な開業届はたとえ前年に開業して1か月以上経過していても提出することができるのです。

    実はまだ間に合う?2019年の確定申告

    次に、確定申告についてです。既に2019年の確定申告を白色申告で済ませている(事業所得以外で申告している)方や確定申告を行っていない方もいるでしょう。

    通常であれば3月15日に前年度の確定申告の申請が終了しており2019年の課税金額は決まっています。しかし、2020年はコロナウィルスの流行によって確定申告を期限内に終えることができなかった方のために申告期限の延長が行われています。

    2019年の確定申告をまだ行っていない方は、開業届を提出したうえで青色申告を行うことができます。

    既に申告済みの方は、修正申告を行うことで確定申告の方法を変更することもできます。確定申告は一度申請した後でも、確定申告期限内であれば納税金額が変わる場合は修正申告を行うことができます。前述のとおり2019年の確定申告期限は延長されているため、青色申告に変更したことで課税額が変わることが証明できれば修正申告を行うことができるのです。

    開業届を出して、青色申告を!

    開業届を提出して青色申告をすることには、様々なメリットがあります。

    まず、給付金や補助金の申請がスムーズに行えることです。現在個人事業主・フリーランスの方々に向けた支援金・給付金の申請にはいずれも開業届、青色申告書の提出が必要になります。

    一部白色申告書での申請が可能なものや開業届を提出していない方に向けた特例もありますが、青色申告書を提出している人が最も幅広く支援を受けることができ、申請から受給までもスムーズに行えます。

    今後新たな支援策が打ち出された場合も、同様になるでしょう。


    さらに、青色申告を行うことで課税額が少なくなる可能性があります。青色申告を行うためには開業届を提出することが必須です。

    開票届を出して青色申告を行うことで、65万円の特別控除を受けることができます。また申請できる経費の幅が広がり、申請も承認されやすくなります。結果として、収入が同じでも白色申告と比較して課税額が小さくなるケースがほとんどです。

    今後個人事業主・フリーランス

    おわりに

    この記事では、個人事業主・フリーランスの方々を対象とした支援策である給付金、補助金を申請するために必要な開業届、青色申告について解説してきました。

    それぞれについてのより詳細な記事が経営ハッカー内にあるのでぜひ併せてご覧ください。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • 開業2019年09月05日経営ハッカー編集部

      個人事業主が開業届を出すことで得られる2つの大きなメリット

      2ブックマーク
    • 開業2019年06月20日ログミー

      スタートアップにとっての「京都最強説」 国内外で通用するブランド力と、ポジションの取りやすさ

      0ブックマーク
    • 開業2018年03月07日経営ハッカー編集部

      開業届けを出して事業主となった場合、収入が130万円未満であれば健康保険は扶養家族のままでいられるのか?

      1ブックマーク
    • 開業2017年06月21日経営ハッカー編集部

      フリーランス三カ月目。替えがきかないことに憧れたが、今は替わりがほしくて仕方ない

      0ブックマーク
    • 開業2016年10月14日経営ハッカー編集部

      開業すると決めたら押さえておきたい、開業費の゛範囲と制度”

      0ブックマーク
    関連記事一覧