2019年05月08日(水)5ブックマーク

電通がスタートアップを顧客対象に!「電通グロースデザインユニット」本格始動により、広告代理店とベンチャービジネスの未来はどう変わるのか?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
左から、DGDUリーダー 伊藤契太氏、第2統合ソリューション局 筧将英氏、第2統合ソリューション局 川端栄佑氏、ソリューション開発センター トランスフォーメーション・プランニング部 部長 春田英明氏

ここ数年、スタートアップを取り巻く動きは、ますます活況です。ジャパンベンチャーリサーチ発表の「Japan Startup Finance Report」によると、2018年における国内スタートアップの資金調達額は3,800億円を突破。5年連続で最高額を更新し、設立1年未満のスタートアップ企業の調達額も大型化しています。

一方で、「ヒト・モノ・カネ・時間・情報」を上手に活用して成長を続けるためのノウハウを始めから持っている企業は、そう多くないのも実情です。一刻も早く事業を軌道に乗せたい反面、まだ潤沢なリソースや経験を持たない起業家にとって、大手広告代理店のサポートは喉から手が出るほどに欲しいはず。

そのような状況の下、電通がスタートアップやベンチャーをも顧客とすべく、これまで個別案件ごとに対応してきたスタートアップ企業向け事業成長支援サービスを体系化。事業成長支援の専門家からなる社内チーム「電通グロースデザインユニット」(以下、DGDU)を立ち上げ、投資から事業運営、エグゼキューションまで、一気通貫でトータルサポートするサービスをリリースしたことが話題を呼んでいます。

このチームによって、広告代理店とスタートアップとの関係はどう変わっていくのでしょう?スタートアップも広告戦略に長けた電通の知見を活用できるようになった、その仕組みとは?ユニットリーダーの伊藤契太氏を中心に、DGDUメンバーにお話を聞きました。

目次

    電通が従来型の広告販売から事業投資へと舵を切った?

    ―スタートアップ向けの「360度事業支援サービス」として注目されていますが、DGDU立ち上げの背景を教えてください。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧