2014年07月15日(火)0ブックマーク

繰越欠損金の繰越期間は9年?繰越欠損金の使い方

経営ハッカー編集部

繰越欠損金って?

繰越欠損金とは、青色申告法人が、赤字を翌期以降の黒字と相殺できる制度です。 翌期以降の黒字から赤字を差し引くことができるので、法人税を安く済ませることができます。 繰越

繰り越せる期間は?

赤字を繰り越して、黒字と相殺できる期間は9年です。 しかし、繰り越せる赤字は2008年4月1日以降の事業年度で発生した赤字です。 それ以前のものは、9年以内でも繰り越せないので、ご注意下さい。 (2008年4月1日より前の事業年度の繰り越し可能な期間は7年です。) 繰越欠損金

繰越欠損金の使い方

この欠損金は、創業当初は赤字だったけど、その後黒字化したというときなどに使います。 この制度を、うまく使いましょう。 参考:青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 会社設立09月18日経営ハッカー編集部

    会社設立のプロも戸惑うNPO法人設立のプロセスを初心者にもわかるよう解説

    0ブックマーク
  • 会社設立09月11日経営ハッカー編集部

    NPO法人とは?20の活動内容と法人設立のための費用・税金・給料などに関する基本知識まとめ

    0ブックマーク
  • 会社設立03月08日経営ハッカー編集部

    開業資金ってどうやって調達したら良いの?日本政策金融公庫の融資制度について紹介

    3ブックマーク
  • 会社設立03月08日経営ハッカー編集部

    開業資金の調達方法 自治体の制度融資とは?

    1ブックマーク
  • 会社設立03月08日経営ハッカー編集部

    個人事業主が法人成りすべきか否かの判断ポイントは?

    3ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結