2014年05月11日(日)0ブックマーク

災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律|年末調整

経営ハッカー編集部

災害減免法とは

その年に、所災害によって住宅や家財に損害を被った時、所得税の軽減免除が受けられることをいいます。 受けるための条件として、損害金額がその時価の2分の1以上で、かつ、災害にあった年の所得金額の合計額が1000万円以下で、かつ、その災害による損失額について雑損控除を受けない場合となります。

災害減免法により軽減又は免除される所得税額

所得金額の合計額 軽減又は免除される所得税の額
500万円以下 所得税の額の全額
500万円以上750万円以下 所得税の額の2分の1
750万円以上1000万円以下 所得税の額の4分の1

徴収猶予等について

以下の2つのうちどちらかを満たせば、徴収猶予限度額に達するまでの金額について、源泉所得税及び復興特別所得税の徴収猶予を受けることができます。

①災害による住宅や家財の損害金額が住宅又は家財の価額の2分の1未満である ②その年の所得金額の合計額が1,000万円を超え、かつ、災害による損害金額について雑損控除の適用が受けられると認められる

徴収猶予を受けるための手続き

給与又は公的年金等の支払者を経由して、災害を受けた納税地の所轄税務署長に「源泉所得税及び復興特別所得税の徴収猶予・還付申請書」等の書類を提出する必要があります。

※ 給与所得者がこの源泉所得税及び復興特別所得税の徴収猶予を受けた場合、年末調整がされません。したがって、確定申告により所得税を精算することになります。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

人事労務freee

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • インタビュー・コラム19時間前経営ハッカー編集部

    戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

    0ブックマーク
  • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

    会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

    0ブックマーク
  • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

    週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

    0ブックマーク
  • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

    震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

    1ブックマーク
  • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

    バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

    1ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結