2014年11月11日(火)0ブックマーク

年末調整|年末調整で過不足額の計算に困らない計算例3選

経営ハッカー編集部

年末調整|年末調整で過不足額の計算に困らない計算例3選

計算 年末調整を行った結果、

・すでに給料から天引きされている源泉所得税の合計額>年末調整で計算した年税額

→納め過ぎていた源泉所得税が還付されます。

・すでに給料から天引きされている源泉所得税の合計額<年末調整で計算した年税額

→納め足りない分の所得税が給与から徴収されます。

[sc:yearend_header_728_90 ]

過不足税額の精算方法には ・本年度最後の給料等では、源泉税を徴収しなかったものとして過不足額精算する方法 ・本年度最後の給料等でも、通常通り源泉税を徴収した上で、過不足額を精算する方法 の2通りあります。事例を見ていきましょう。

■本年度最後の給料等では、源泉税を徴収しなかったものとして過不足額精算する方法

12月の給料から源泉所得税を徴収しない形で、年末調整を行った結果、還付金額が75,744円の場合 「年末調整による過不足税額」「差引徴収税額」ともに還付金額の75,744円と記載して下さい。 年末調整1

■本年度最後の給料等でも、通常通り源泉税を徴収した上で、過不足額を精算する方法

12月給料から源泉所得税額が5,490円を天引きして年末調整を行った結果、還付金額が75,744円の場合 「差引徴収税額」には、差引還付金額70,254円(還付金額75,744円-12月給料源泉所得税額が5,490円)と記載して下さい。 年末調整2

■控除不足額が出た場合の記載方法です。

・本年度最後の給料等では源泉税を徴収しなかったものとして年末調整を行った結果、22,096円不足した場合 「年末調整による過不足税額」「差引徴収税額」ともに不足税額22,096円と記載して下さい。 年末調整3

・本年度最後の給料等でも、通常通り源泉税9,110円を徴収して年末調整を行った結果、12,986円不足した場合 「差引徴収税額」の欄に「12月給料の算出税9,110円」と「不足税額12,986円」を記載します年末調整4

年末調整で還付されることを期待していたのに、徴収不足になり給料が目減りしてしまうのはショックです。毎月の給料計算を適切に行いましょう。

TEXT=横浜国際税理士法人 横浜南事務所 榊原志づか

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

人事労務freee

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • インタビュー・コラム01月17日経営ハッカー編集部

    日本の生産性が低いのは「紙とハンコ」のせい?業務を完全ペーパーレス化する賢い方法~ペーパーロジック横山公一氏

    1ブックマーク
  • インタビュー・コラム01月16日経営ハッカー編集部

    100人の経営者を育てるLIFULL グループの新規事業提案制度「SWITCH」でイントレプレナーとして起業、LIFULL SPACE奥村代表に聞く

    2ブックマーク
  • インタビュー・コラム01月14日経営ハッカー編集部

    「金融を“サービス”として再発明する」とは何か?NEXTユニコーンFinatext HD林良太代表に聞く

    2ブックマーク
  • インタビュー・コラム01月09日経営ハッカー編集部

    日本初の医療機器開発インキュベーターが見出した真のイノベーションとは?~JOMDD 内田毅彦代表に聞く

    4ブックマーク
  • インタビュー・コラム2019年12月27日経営ハッカー編集部

    気づいていますか?BtoBマーケティングの問題。97%のアンノウン(匿名)潜在顧客にどう対応するか~SATORI植山浩介氏に聞く

    1ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結