2014年05月10日(土)0ブックマーク

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話

経営ハッカー編集部

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話

■配偶者控除とは

所得税を算出する際に所得の総額から差し引く所得控除の一つです。一定の条件を満たした税法上の配偶者が対象になります。 この場合、内縁関係の人は対象になりません。

■配偶者控除の条件とは、

・民法上の配偶者であること。つまり、法的に結婚している相手であること。 ・生計が一緒であること。 ・年間の給与所得額が38万円以下であること。

■控除額を最大にするには

一般対象者の場合、控除額38万円と、税の計算上必要経費と考えられている所得控除額の下限65万円を足すと103万円となり、それが「年収103万円の壁」となります。

つまり、年収103万円以下の場合、控除額が無収入の人と同じ38万円になって税額が少なくなるということです。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 人事・労務11月08日経営ハッカー編集部

    事業がどんどん進むチーム作り4つのポイントと、チームを回すためにリーダーがすべき5つのこと

    0ブックマーク
  • 人事・労務09月30日経営ハッカー編集部

    1on1とは?1on1ミーティングの目的と効果、導入のポイントと具体的な進め方の事例

    1ブックマーク
  • 人事・労務09月18日経営ハッカー編集部

    経理事務でもう迷わない!所得税の源泉徴収の計算方法とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務09月15日経営ハッカー編集部

    住民税非課税とは?非課税になる条件やメリットについて解説

    0ブックマーク
  • 人事・労務09月15日経営ハッカー編集部

    みなし残業の企業はブラック?みなし残業についてわかりやすく解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結