2014年05月10日(土)0ブックマーク

扶養控除|103万円のボーダーラインで変わるメリット・デメリット

経営ハッカー編集部

扶養控除|103万円のボーダーラインで変わるメリット・デメリット

■扶養控除103万円のボーダーラインとは

扶養控除のボーダーラインである103万円とは配偶者の給与所得のことを指します。 給与所得者は経費として最低65万円が自動的に引かれるため、103万から65万円を引いた課税所得38万を超えるか超えないかによって控除方法が変わります。

■給与所得103万円超のメリット

課税所得38万円を超えることにより、配偶者控除から外れ配偶者特別控除になります。配偶者控除が38万の一定額に対し、配偶者特別控除額は段階的になるため、所得税が増えても収入が上回ります。

■給与所得103万円超のデメリット

103万円を超えると配偶者の所得に対し、所得税と復興支援税が加算されるようになります。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】」  

[sc:ebook_kyuyo ]

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 人事・労務08月23日経営ハッカー編集部

    会社員の給与や賞与から差し引かれる「所得税」の計算方法とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月23日経営ハッカー編集部

    雇用保険に加入すると割り当てられる「被保険者番号」とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月22日@人事

    就業規則の適切な作成費用とクオリティは? 社労士視点でランク別に解説|@人事プライムコラム

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月21日ITmedia ビジネスオンライン

    中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた

    1ブックマーク
  • 人事・労務08月18日経営ハッカー編集部

    ワークエンゲージメントとは?-ワークエンゲージメントの意味と活用方法

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める