2014年05月18日(日)0ブックマーク

家内労働者等│特例で65万円の必要経費計上が認められている

経営ハッカー編集部

家内労働者等は特例で必要経費65万円の計上が認められている

原則として、事業所得又は雑所得の金額は、総収入金額から実際に使用した必要経費を差し引いて計算するという決まりになっています。しかし、家内労働者等の場合であれば、必要経費として65万円までなら認められる特例があります。

家内労働者等の例示

一般に次に掲げる人について家内労働者等と認められています。

・家内労働法に規定する家内労働者 ・外交員 ・集金人 ・電力量計の検針人のほか、特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決」 [sc:ebook_kyuyo ]

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 人事・労務09月30日経営ハッカー編集部

    1on1とは?1on1ミーティングの目的と効果、導入のポイントと具体的な進め方の事例

    1ブックマーク
  • 人事・労務09月18日経営ハッカー編集部

    経理事務でもう迷わない!所得税の源泉徴収の計算方法とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務09月15日経営ハッカー編集部

    住民税非課税とは?非課税になる条件やメリットについて解説

    0ブックマーク
  • 人事・労務09月15日経営ハッカー編集部

    みなし残業の企業はブラック?みなし残業についてわかりやすく解説

    0ブックマーク
  • 人事・労務09月14日経営ハッカー編集部

    ワークライフバランスとは?その本質、企業の導入のメリット、ポイント、取り組み事例

    1ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結