2014年05月18日(日)0ブックマーク

家内労働者等│特例で65万円の必要経費計上が認められている

経営ハッカー編集部

家内労働者等は特例で必要経費65万円の計上が認められている

原則として、事業所得又は雑所得の金額は、総収入金額から実際に使用した必要経費を差し引いて計算するという決まりになっています。しかし、家内労働者等の場合であれば、必要経費として65万円までなら認められる特例があります。

家内労働者等の例示

一般に次に掲げる人について家内労働者等と認められています。

・家内労働法に規定する家内労働者 ・外交員 ・集金人 ・電力量計の検針人のほか、特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決」 [sc:ebook_kyuyo ]

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 人事・労務10時間前ITmedia ビジネスオンライン

    中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた

    1ブックマーク
  • 人事・労務08月18日経営ハッカー編集部

    ワークエンゲージメントとは?-ワークエンゲージメントの意味と活用方法

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月12日経営ハッカー編集部

    令和2年(2020年)から変わる給与所得控除をわかりやすく解説

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月12日経営ハッカー編集部

    扶養に入る?入らない?健康保険と厚生年金の被扶養者に認定されるための条件とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月09日東洋経済オンライン

    社員と仕事の「ミスマッチ」に悩む会社の盲点 | 会社を変える人材開発の極意

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める