2014年05月18日(日)0ブックマーク

源泉徴収票│給与の支払者が給与所得者と税務署に交付する書類

経営ハッカー編集部

給与の支払者が給与所得者と税務署に交付する書類が源泉徴収票

給与等の支払を行う者は給与所得者と税務署に対して、1年間の給与支払額や源泉徴収した所得税額等の金額を証明する書類として源泉徴収票を作成し交付しなければなりません。 給与等の支払者が給与所得者の年末調整をした場合には、給与等の支払をした年の翌年1月末までに源泉徴収票を交付しなければならないとされています。

なお、源泉徴収票と呼ばれる書類は上で述べた給与所得の源泉徴収票の他に、退職所得の源泉徴収票と公的年金等の源泉徴収票があります。 いずれの源泉徴収票も支払者が作成し、退職所得や公的年金等を受け取るものに対して交付しなければなりません。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 人事・労務08月23日経営ハッカー編集部

    会社員の給与や賞与から差し引かれる「所得税」の計算方法とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月23日経営ハッカー編集部

    雇用保険に加入すると割り当てられる「被保険者番号」とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月22日@人事

    就業規則の適切な作成費用とクオリティは? 社労士視点でランク別に解説|@人事プライムコラム

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月21日ITmedia ビジネスオンライン

    中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた

    1ブックマーク
  • 人事・労務08月18日経営ハッカー編集部

    ワークエンゲージメントとは?-ワークエンゲージメントの意味と活用方法

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結