2014年05月18日(日)0ブックマーク

扶養控除│最低生活費を保障するための制度

経営ハッカー編集部

扶養控除は最低生活費を保障するために設けられた制度

納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。

扶養控除は最低生活費を保障するために設けられている制度です。なお、控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。つまり一般的には高校生の子供を指すことが多いといえます。

扶養控除の金額

扶養控除の金額は、扶養親族の区分ごとに異なります。 ・控除対象扶養親族…380,000円 ・特定扶養親族(年令19歳以上23歳未満)…630,000円 ・老人扶養親族(年令70歳以上の親族)…480,000円 ・同居老親(年令70歳以上の親)…580,000円

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決

人事労務freee

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 人事・労務10時間前ITmedia ビジネスオンライン

    中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた

    1ブックマーク
  • 人事・労務08月18日経営ハッカー編集部

    ワークエンゲージメントとは?-ワークエンゲージメントの意味と活用方法

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月12日経営ハッカー編集部

    令和2年(2020年)から変わる給与所得控除をわかりやすく解説

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月12日経営ハッカー編集部

    扶養に入る?入らない?健康保険と厚生年金の被扶養者に認定されるための条件とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月09日東洋経済オンライン

    社員と仕事の「ミスマッチ」に悩む会社の盲点 | 会社を変える人材開発の極意

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める