2014年05月18日(日)0ブックマーク

扶養控除│最低生活費を保障するための制度

経営ハッカー編集部

扶養控除は最低生活費を保障するために設けられた制度

納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。

扶養控除は最低生活費を保障するために設けられている制度です。なお、控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。つまり一般的には高校生の子供を指すことが多いといえます。

扶養控除の金額

扶養控除の金額は、扶養親族の区分ごとに異なります。 ・控除対象扶養親族…380,000円 ・特定扶養親族(年令19歳以上23歳未満)…630,000円 ・老人扶養親族(年令70歳以上の親族)…480,000円 ・同居老親(年令70歳以上の親)…580,000円

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決

人事労務freee

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 人事・労務06月21日SmartHR

    2020年に控える「電子申請義務化」。概要や罰則を弁護士が解説 - SmartHR Mag.

    0ブックマーク
  • 人事・労務06月21日president

    従業員を"コスト"とみる会社に未来はない 管理の強化は社員の意欲をそぐだけ | プレジデントオンライン

    0ブックマーク
  • 人事・労務06月19日@人事

    人事の仕事は「スタイリング(整える)」から「デザイン(創造)」へ モザイクワーク・杉浦二郎氏|@人事ONLINE

    0ブックマーク
  • 人事・労務06月14日@人事

    人事が経営を握る。“バランス感覚”を重視した戦略人事へ(ヤマウ・永峰幸侑さん)|@人事ONLINE

    1ブックマーク
  • 人事・労務06月12日PR Times

    600社導入!最強の組織を作るコミュニケーション研修

    0ブックマーク
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める