2014年06月12日(木)0ブックマーク

6月の残業で収入が減る?社会保険の仕組みと2つの対策!

経営ハッカー編集部

6月の残業で手取りが減るってご存知でした?

4〜6月に残業をしたり、その他の理由で多くの給与を稼ぐと、手取りの収入が減ってしまう可能性があります。

ブログ画像6月12日

社会保険料と厚生年金掛け金は4〜6月の給与で決まる!

社会保険料や厚生年金の掛け金は、毎年9月に変わります。 その額は、毎年4〜6月の給与の額に応じて決まります。 つまり、4〜6月の給与が高ければ高いほど、社会保険料と厚生年金掛け金が大きくなる仕組みになっています。 この給与は、基本給だけではなく、残業代や各種手当も含まれます。

社会保険料を低く抑えるには?

社会保険料と厚生年金掛け金を低く抑えるには、2つの方法があります。

①:4〜6月は残業を少なくしよう

まず、当然ですが、4〜6月の残業を少なくするという方法があります。 不要な残業は避けて、4〜6月の給与をあげないようにしましょう。

②:保険者算定で社会保険料が減る?

業態特有の事情などで、4〜6月が特別忙しい企業もあるでしょう。 そのときは、保険者算定の申請をすることで、社会保険料を低く抑えることができます。 この申請を行うと前年7月から今年の6月までの平均の給与に応じて、社会保険料と厚生年金掛け金が決まります。 この申請を行うには、条件などもありますので、詳細は以下のリンクをご覧下さい。 参考:日本年金機構

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 人事・労務08月23日経営ハッカー編集部

    会社員の給与や賞与から差し引かれる「所得税」の計算方法とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月23日経営ハッカー編集部

    雇用保険に加入すると割り当てられる「被保険者番号」とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月22日@人事

    就業規則の適切な作成費用とクオリティは? 社労士視点でランク別に解説|@人事プライムコラム

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月21日ITmedia ビジネスオンライン

    中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた

    1ブックマーク
  • 人事・労務08月18日経営ハッカー編集部

    ワークエンゲージメントとは?-ワークエンゲージメントの意味と活用方法

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める