2014年10月29日(水)0ブックマーク

退職者のうち年末調整の対象になる5つの項目と注意点まとめ

経営ハッカー編集部

年末調整は基本的に各年の最後の給与を支払う際に行うこととなっており、年の途中で退職した人の年末調整はできないこととされています。

しかし、すべての退職者が年末調整の対象者にならないわけではありません。今回はその例を紹介していきます。 imasia_1923703_M

 

退職者全員が年末調整の対象とならないわけではない

対象となるのは以下の5つの項目のいずれかに当てはまる人

■1)死亡退職した人

■2)著しい心身の障害のために退職した人

※退職後に再就職をし給与を受け取る見込みのある人は除く

■3)各年の最後の給与等の支払を受けた後に退職した人

■4)本年中に支払を受ける給与の総額が103万円以下である人

※退職後に別の勤務先から給与を受け取る見込みのある人は除く

■5)1年以上の予定で出国して非居住者となった人

 

最後に

ちなみに、退職者の年末調整は退職時に行います。忘れがちなのでご注意ください。

これから年末調整のシーズンがやってきます。準備は早いに越したことはありません。

人事労務freee

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 人事・労務1時間前ITmedia ビジネスオンライン

    中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた

    0ブックマーク
  • 人事・労務08月18日経営ハッカー編集部

    ワークエンゲージメントとは?-ワークエンゲージメントの意味と活用方法

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月12日経営ハッカー編集部

    令和2年(2020年)から変わる給与所得控除をわかりやすく解説

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月12日経営ハッカー編集部

    扶養に入る?入らない?健康保険と厚生年金の被扶養者に認定されるための条件とは

    0ブックマーク
  • 人事・労務07月09日東洋経済オンライン

    社員と仕事の「ミスマッチ」に悩む会社の盲点 | 会社を変える人材開発の極意

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める