2019年09月19日(木)1ブックマーク

東証マザーズ市場上場企業の動向を見る~業種から見た特徴は?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
目次

    開設から20年の東証マザーズ市場における直近3年間の業種の動向

    東京証券取引所が運営する新興企業向け株式市場『マザーズ』は、1999年11月に開設され、286社(2019年5月末時点)が上場しています。ベンチャー企業の登竜門として注目されてきた同市場ですが、業種から見るとどのような傾向があるのでしょうか?

    今回は2015年末のマザーズ業種および、2016年から20018年の3年間の東証マザーズの新規上場業種別推移、2018年末における2015年末との対比を見てみます。

    まず、2015年末までに東証マザーズに上場している企業数を振り返ります(現在も上場している企業を対象。以下グラフ同様)

    <2015年時点の業種構成(135社)グラフ>

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • 上場準備07月28日経営ハッカー編集部

      【ひな形付】内部統制報告書の作り方とその要点

      0ブックマーク
    • 上場準備07月27日経営ハッカー編集部

      【PR】『人口減少問題と高齢化問題』の解決へ。投資家と起業家、2つの立場で戦う

      0ブックマーク
    • 上場準備07月13日経営ハッカー編集部

      【PR】ビジネス創造は究極の自己表現。 鋭く仮説をぶつけ合い、同じ景色を共有できる投資家として

      0ブックマーク
    • 上場準備07月01日経営ハッカー編集部

      『月刊J-Startup』創刊号 注目の税制度に迫る!!

      0ブックマーク
    • 上場準備06月19日経営ハッカー編集部

      【PR】法律がわかる投資家か? 投資がわかる弁護士か? 異色の経歴を歩んできた寺東さんの素顔

      0ブックマーク
    関連記事一覧