2020年10月26日(月)0ブックマーク

【PR】『エンターテインメント&ライフスタイル』を軸に幅広く!多くの知識と経験、そして数々の縁を武器に。

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

編集部註:本記事は、カウンティア株式会社が運営するメディア「BAND of VENTURES」からの寄稿です。

プロフィール
出演者
・ゲスト 山中卓(i-nest capital株式会社 代表取締役社長、代表パートナー)
・パーソナリティ 田原彩香(カウンティア株式会社COO/ビジネスタレント)

キャリア
山中卓(i-nest capital株式会社 代表取締役社長、代表パートナー)
1990年 福島県立安積高校卒業
1994年 東京大学経済学部卒業
(大学時代、運動会アメリカンフットボール部に所属)
1994年 株式会社日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
2003年 モバイル・インターネットキャピタル株式会社に入社
2015年 同社代表取締役社長に就任
2015年 日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA) 理事に就任
2019年 i-nest capital株式会社を設立し、代表取締役社長に就任

目次

    ”i-nest capital”に込めた想いとアメリカンフットボールが繋いだ縁

    田原彩香氏(以下、田原):この番組は「バンドオブベンチャーズ」がお送りします。毎回のゲストには今をときめくベンチャー経営者・投資家を迎えまして、インタビューをしていきます。さて本日お越しいただきましたのは、i-nest capital株式会社代表取締役社長、代表パートナーの山中卓様です。パーソナリティはビジネスタレントの田原彩香が渋谷道玄坂スタジオからお送りいたします。山中さん、ようこそお越し下さいました。簡単に自己紹介をよろしくお願いします。

    山中卓氏(以下、山中):i-nest capital代表の山中と申します。モバイル・インターネットキャピタルというベンチャーキャピタルでの15年間の投資活動を経て、昨年12月に独立してi-nest capital株式会社を立ち上げました。今は68億円のファンドを立ち上げたばかりというところです。そんな時にお声がけいただきましてありがとうございます。みなさんに知っていただきたいというタイミングなので光栄です。

    田原:ありがとうございます。
    設立されたのは昨年ですよね。これから色々な会社に出資していこうというのがあると思いますが、このファンド設立に至ったきっかけをお伺いしてもいいですか?

    山中:先ほど15年と申し上げましたが、2003年から2018年までモバイル・インターネットキャピタルという会社でお世話になりまして、最後の3年は社長を務めました。これは今だから言える話ですが、やはり社長を務めていると自分もいつか独立してやってみたいという思いもでてきました。会社を退職してファンドを立ち上げた時はどうなるかわからなかったですけれども、私自身もベンチャーのつもりで自分でベンチャーキャピタルを立ち上げてみようということで、おかげさまで立ち上げられたというところですね。

    ----続きはBAND of VENTURESで----
    ※ここからは別サイトに遷移します

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • 上場準備10月20日経営ハッカー編集部

      【PR】巨大な産業の創造に挑む起業家のファーストラウンドにおけるファーストチョイスに

      0ブックマーク
    • 上場準備10月05日経営ハッカー編集部

      【PR】スタートアップのチャレンジ精神溢れる前向きなマインドセットで富士通を変えたい 「FUJITSU ACCELERATOR」

      0ブックマーク
    • 上場準備09月15日経営ハッカー編集部

      【PR】叫び続けてきた『イノベーション!』富士通×スタートアップで創る新しい未来

      0ブックマーク
    • 上場準備09月03日経営ハッカー編集部

      【ウェビナーレポート】マザーズ上場 ウォンテッドリー社のポストIPO管理部門の取り組み

      0ブックマーク
    • 上場準備09月03日経営ハッカー編集部

      【ウェビナーレポート】現在のIPO準備やリモート監査を取り巻く状況について

      0ブックマーク
    関連記事一覧