2015年10月12日(月)0ブックマーク

マイナンバーカードがクレジットカードに?政府が検討する機能とは

経営ハッカー編集部

creditcard いよいよ番号の付与がはじまり、配布が直前に迫ったマイナンバー。今回配布されるのは「通知カード」と呼ばれる簡易的な番号が書かれたカードですが、同梱されている申込書をつかって「個人番号カード」と呼ばれるカードに変更することができます。

今回は、マイナンバー制度により配布されるカードの新しい機能の検討について見ていきましょう。

1)クレジットカード機能がマイナンバーのカードに付与される

改正されたマイナンバー法では、マイナンバーの使用用途に銀行の預金口座に適用することが明記されました。続いて、個人番号カードにクレジットカードの機能を持たせる方向で検討を始めているようです。

2)マイナンバーカード、クレジットカード化の狙いとは

マイナンバーカードをクレジットカード化することにどのような狙いがあるのでしょうか?考えられるのは、普及率の向上という観点です。マイナンバー制度が開始される前に「住基カード」と呼ばれているカードが配布されていました。

住基カードは旅券の発行や転出などの手続きに利用できましたが、普及率はわずか5%に留まってしまいました。このような事態にならないためにも、利便性を向上し、マイナンバーを活用する人が増える狙いがあるものだと思われます。

3)クレジットカード機能を付けることでリスクも増大

個人番号カードを使って消費税の還付が検討されていますし、それに加えてクレジットカード機能が付けば、買い物がカード一枚で完結します。また、税金の支払いにクレジットカードが利用できるとかなり便利ですね。

しかし、クレジットカード機能が付くことによってリスクも大きくなってしまうのでは、という懸念の声が広がっています。たしかに、全部が1つにまとまっているカードを持ち歩くことで盗難や紛失してしまう危険性が高まりますし、悪用されてしまう可能性も高まるでしょう。マイナンバーと同様の制度を導入している国では流出事故も起きており、一概にクレジットカード機能が付いても利用者が増えるのかは疑問が残るところです。

まとめ

マイナンバーのカードにクレジットカードが付くと利便性は確かに向上しますが、それに伴うリスクも高まります。様々な機能の追加が検討されていますが、いち早く情報をキャッチし、リスクとメリットを考えながらカードの種類を選択する必要があるのかもしれませんね。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 経理の基礎知識09月18日経営ハッカー編集部

    領収書の発行義務があるのはどんなとき?クレジットカード払いの領収書はどうなる?

    0ブックマーク
  • 経理の基礎知識09月18日経営ハッカー編集部

    住民税の普通徴収と特別徴収とは?2つの徴収方法をわかりやすく解説

    0ブックマーク
  • 経理の基礎知識09月03日経営ハッカー編集部

    住民票の申請で気をつけたいマイナンバー記載の有無

    0ブックマーク
  • 経理の基礎知識08月28日経営ハッカー編集部

    領収書だけでなく契約書にも収入印紙の添付が必要?あやふやになりがちな部分をクリアに解説

    1ブックマーク
  • 経理の基礎知識08月28日経営ハッカー編集部

    退職金の退職所得控除と所得税の計算方法をわかりやすく解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結