2015年12月02日(水)0ブックマーク

静岡から通勤できる?交通費の非課税対象が15万円に拡大へ

経営ハッカー編集部

shinkansen 政府は、2016年の税制改正において、交通費の非課税対象を15万円まで引き上げる方針を固めました。普段、交通費をもらっているビジネスマンの方であれば、少し気になるニュースかもしれませんね。今回は、この税制改正について見ていきましょう。

1)現状、交通費は10万円まで非課税

現状の交通費ですが、10万円まで非課税とされています。これは、1998年に5万円から引き上げられたもので、それ以来、20年近くにわたって非課税対象は据え置きとなっていました。また、自動車や自転車を利用している場合の通勤手当については、2014年の改正により非課税の限度額が微々たるものではありますが、上昇しております。

今回の非課税対象の拡大ですが、新幹線で通勤するようなワークスタイルが増加傾向にあること、そして、消費税増税などによる交通費の高騰などが挙げられます。

2)月15万円の交通費、どこまで行ける

それでは、月15万円の交通費ではどこまで行けるのでしょうか。東京駅からであれば静岡駅、新大阪駅からであれば岡山駅までは月15万円の対象となるようです。実際にこのような通勤をしている人はそれほど多くはないと思いますので、ほとんどの人の交通費が含まれるということになるでしょう。

3)「非課税金額の拡大よりも、交通費を必須にしてほしい」との声も

多くの企業では交通費が会社から支給されていますが、一部の企業では、交通費は従業員の負担になったり、限度額があらかじめ定められており、今回の非課税対象の拡大よりも、交通費の支給を必須にしてほしい、もしくは自分の交通費を全額会社が負担してほしいなどの声が聞かれます。

現行の法律では交通費は企業が支払っても支払わなくてもよいものとされています。確かに非課税対象の額が増えても、制度によって優遇されるのは新幹線で通勤することを許されているようなビジネスマンということになり、一般企業で働いている人には関係のないことになってしまうかもしれませんね。

まとめ

物価の高騰や、新幹線での通勤に対応するために検討されている交通費の非課税の見直しですが、実際に国民が求めているものとは異なっているようです。税制とは関係ないことではありますが、交通費の会社負担の義務化なども含めた議論が行われることに期待したいですね。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 経理の基礎知識07月12日経営ハッカー編集部

    収入印紙の金額はいくらの領収書から?印紙税の金額一覧と注意点

    0ブックマーク
  • 経理の基礎知識07月12日経営ハッカー編集部

    収入印紙はなぜ必要?今さら聞けない収入印紙を貼る書類とは

    0ブックマーク
  • 経理の基礎知識2018年06月12日経営ハッカー編集部

    未納NGな「国民年金保険料」のおトクな払い方

    0ブックマーク
  • 経理の基礎知識2018年02月14日経営ハッカー編集部

    3つの要素で決まる、土地や建物を売却したときの所得税

    1ブックマーク
  • 経理の基礎知識2017年12月01日経営ハッカー編集部

    【節税対策】自宅を事務所にする前に、考えておきたい税金への影響

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める