2013年10月21日(月)0ブックマーク

スマホでイノベーション?伸び続けるシニア層のスマートフォン利用状況

経営ハッカー編集部

シニア層のスマートフォン利用実態 シニア層がスマートフォンを利用するようになったっていうけど…

シニア層のスマートフォン利用率はどれくらいなの?

ビジネスシーンで、いまや欠かせない存在となっているスマートフォン。 若者だけではなく、今では、シニア層にも広がっており、今後も更に利用率が増えていくと予想されます。 シニア層向けのサービスといえば、ハード面では、イノベーティブなロボット(パロ)携帯(エルフォイド)車椅子(WHILL)などがありますが、 スマホアプリなどのソフト面では、どうでしょうか。 データからわかるように、シニア層のスマートフォン利用は年々上昇傾向にあり、今後、スマホを使って問題を解決するイノベーティブなwebサービスがでてくるでしょう。 今回、経営ハッカーでは、シニア層のスマートフォン利用状況をまとめました。 ぜひデータを参考に、イノベーションを起こすきっかけにしてください。

シニア層のスマートフォンの利用率の推移

シニア層のスマートフォン利用率 シニア層のスマホ利用率は年々上がっています。これからも、上がっていくことが予想されますね。

所有している端末

シニア層が所有しているスマートフォンのブランド iphoneが圧倒的なシェアです。

スマートフォンを所有したきっかけ

スマートフォンを所有したきっかけ 「持ってみたかったから」「利用したい機能があったから」という理由が多いですね。 やはり、スマホならではの機能が人気なのでしょう。

スマートフォンで使用してみたかったアプリ

スマートフォンで使用してみたかったアプリ 「天気」「ナビゲーション」「ニュース」といったアプリが人気のようです。 アプリ開発をしている方々には、こういった傾向は参考になるのではないでしょうか?

インストールしたアプリの数

インストールしたアプリの数 1〜5個がもっとも多い一方で、50個以上いれている人も10%もいます。 シニア層向けのアプリも大きなマーケットといえるのではないでしょうか?

よく利用するアプリ

アプリ:定期的

アプリ:最も利用 「無料通話・チャット」が人気があるようです。

シニア層のインターネット利用状況

シニア層のインターネット利用状況 なんとインターネット利用率は8割という結果に。

まとめ

スマートフォンを利用するシニア層は確実に増えており、今後も増加傾向にあるといえるでしょう。 よって、起業家にとっては、ITを使ってイノベーションしやすい環境になったといえるでしょう。 果たしてどんなサービスが出てくるのか待ち遠しいですね。

*データは、スマートフォンなどに関するマーケティング機関MMD研究所様から引用させていただいています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を使って経理を効率化してみませんか? freeeは、クレジットカードや銀行口座と同期させることで、自動で仕訳を行い、帳簿を作成します。 領収書やレシートを見ながら、会計ソフトに入力する必要はありません。3ヶ月無料でお試しいただけます。 お試しはこちらから。

会計ソフト,freee,フリー

 

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 経営・戦略10月10日経営ハッカー編集部

    中小企業のホールディングス化のメリット・デメリットとは?

    0ブックマーク
  • 経営・戦略09月24日経営ハッカー編集部

    「5W2H」は「Why」から始める。社員に教えたい段取り力の身につけ方

    0ブックマーク
  • 経営・戦略09月23日経営ハッカー編集部

    NPSとは?業績を向上させる顧客ロイヤリティと従業員エンゲージメントの関係は?

    1ブックマーク
  • 経営・戦略09月18日経営ハッカー編集部

    ムーンショットとは?ムーンショット経営でイノベーションを生み出す

    1ブックマーク
  • 経営・戦略09月17日ITmedia

    手間をかけずにすぐできる働き方改革、利用が本格化する「DaaS」の魅力とは

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結