2019年07月16日(火)2ブックマーク

メディア運営の当事者が語る「メディアとM&Aのリアル」 株式会社じげん×株式会社ベクトル×株式会社イード

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

2019年6月、秋葉原TIME SPACEにて、「メディアとM&Aのリアル」をテーマにイベントが開催されました。デジタルメディア、広告、コンテンツなどは今後どう進化をしていくのかをテーマにしたメディア「Media Innovation」のオフ会イベントで主催は複数メディアを運営する株式会社イード。登壇者は同社執行役員メディア事業本部長 土本学さんと、株式会社じげんの取締役執行役員CFO 寺田修輔さん、株式会社ベクトルの経営戦略部部長戸崎康之さんの3名。
前半はこの3名によるそれぞれの「メディアとM&Aのリアル」についてのプレゼンテーションがあり、後半は3名によるパネルディスカッションが行われました。
会場にはメディア運営者、M&A業務担当者などが来場。変貌し続けるメディアはどこに向かうのか、その手がかりを掴みに来た彼らからはパネルディスカッション後の質問タイムに矢継ぎ早に質問が飛びました。

目次

    ▼ブレない投資戦略が高いリターンを産む

    株式会社じげん 取締役執行役員CFO 寺田修輔 【プロフィール】 2009年に新卒で外資系投資銀行のシティグループ証券株式会社入社。日本の不動産セクターの株式調査、財務アドバイザリー業務に従事し、2014年より不動産チームヘッド。2016年経営戦略部部長として株式会社じげん入社。現在は取締役執行委員CFOとして経営戦略、経営管理部、情報システム室を管掌。

    寺田:私はもともとシティグループ証券という外資系の投資銀行におりまして、最後の2年くらいは日本の不動産チームのヘッドとして調査の責任者をしておりました。3年ほど前に投資・財務戦略の責任者としてじげんに入りましたが、今はもうちょっと幅広く仕事をさせてもらっています。

    株式会社じげんについて

    株式会社じげんという会社、聞いたことがないという方もいらっしゃると思いますが、2006年に設立され、昨年東証マザーズから東証一部に市場変更しております。従業員数は非正規、アルバイトも含めて500名ちょっと。正社員だけだと400名くらいの会社です。事業の柱が何なのか、よくわからないとはよく言われます。今日はM&Aが主なテーマではありますが、基本的に投資戦略というのは経営戦略の一環ですので、じげんの経営戦略についても簡単にお話できればと思います。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • 経営・戦略10月10日経営ハッカー編集部

      中小企業のホールディングス化のメリット・デメリットとは?

      0ブックマーク
    • 経営・戦略09月24日経営ハッカー編集部

      「5W2H」は「Why」から始める。社員に教えたい段取り力の身につけ方

      0ブックマーク
    • 経営・戦略09月23日経営ハッカー編集部

      NPSとは?業績を向上させる顧客ロイヤリティと従業員エンゲージメントの関係は?

      1ブックマーク
    • 経営・戦略09月18日経営ハッカー編集部

      ムーンショットとは?ムーンショット経営でイノベーションを生み出す

      1ブックマーク
    • 経営・戦略09月17日ITmedia

      手間をかけずにすぐできる働き方改革、利用が本格化する「DaaS」の魅力とは

      0ブックマーク
    関連記事一覧