2013年11月08日(金)0ブックマーク

個人事業主必見!知っておきたい税額控除 全3種の要件・控除額まとめ

経営ハッカー編集部

所得税から直接引ける税額控除をご存知ですか?

税額控除

所得税の計算は以下の計算式で行われます。

(収入ー経費ー所得控除)×税率=所得税

つまり、経費や所得控除が大きいほど、所得税が少なくなる仕組みになっています。

しかし、この他に所得税から直接差し引くことができる税額控除というものが存在します。

そこで、今日はその税額控除一覧をまとめましたので、要件や控除額を把握し、活用できるものがあれば、忘れないようにしておきましょう。

配当控除

  • 要件:配当所得を受けた方
  • 控除額:他の所得との合計額が1000万円以下は配当所得の10%、1000万円超の部分は5%を差し引くことができます。
  • 詳細URL:国税庁|配当控除

外国税額控除

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

まとめ

平成24年まであった電子証明書等特別控除は廃止されたそうです。

特に、今年は株を購入した方も多いのではないでしょうか?

自分が使える税額控除をきちんと把握し、税金を払い過ぎたということがないようにしましょう。

*税額控除に関する厳密なお話はこちらでご覧いただけます。

 

<確定申告に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「【永久保存版】確定申告やり方ガイド!確定申告に関する疑問すべて解決

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 平成30年(2018年)分から変わった「配偶者特別控除」の計算方法を解説

    0ブックマーク
  • 確定申告07月12日経営ハッカー編集部

    源泉徴収票がない!そんなときは慌てずに会社に再発行申請を

    0ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    自宅の売却損の一部を、税金で取り戻す特例

    4ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    労働保険料の計算&徴収方法

    1ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める