2014年05月18日(日)0ブックマーク

医療費の範囲│治療のために支出した金額は控除できる

経営ハッカー編集部

治療のために支出した金額は所得から控除できる

事業主が自分もしくは自分と生計を一にしている配偶者や親族について、支払った医療費の金額の合計額が10万円を超えるときには、10万円を超える部分の金額を事業主の所得から控除することができます(最高200万円)。

但し、医療費とは通常必要であると認められる治療の対価とされています。

医療費の範囲

医療費控除の対象となる医療費の範囲は次のようなものです。

  ・医師又は歯科医師による診療又は治療   ・風邪薬等の購入費用   ・病院へ行くための電車代やバス代   ・あん摩マッサージ指圧師、はり師、柔道整復師などによる施術 など

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 平成30年(2018年)分から変わった「配偶者特別控除」の計算方法を解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結