2014年05月18日(日)0ブックマーク

延納│支払期限までに全額税金を納めることが困難なとき

経営ハッカー編集部

支払期限を少しだけ先延ばしにすることができる

所得税及び復興特別所得税の確定分の所得税額の半分以上を3月15日までに納付すれば、残りの所得税等の支払を5月末まで延長することができる制度です。 但し、未払い分について利子税が延納期間中に年1.9%の割合でかかってきますので、この点には注意が必要です。

延納を利用するケース

以下のような場合に、延納制度が利用されます。

  ・想定していた以上に利益が発生し、多額の現金を納付しなければならなくなったとき   ・そもそも資金繰りが厳しい状況が続いており、支払を先延ばしにしたいとき など

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告06月27日経営ハッカー編集部

    確定申告についてよく知らないサラリーマンのための確定申告入門

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    確定申告の対象者はどう決まる?年末調整との違いや延滞・無申告のペナルティとは

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    青色申告|青色申告承認申請書はどのタイミングで提出するもの?

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    キャッシュフロー計算書の仕組みと経営状態の読み取り方

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    【確定申告】医療費控除の申告期限と還付金額の計算方法まとめ

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
百五銀行