2014年05月18日(日)0ブックマーク

給与所得│サラリーマンの方が勤め先から受け取る収入

経営ハッカー編集部

サラリーマンが勤め先から受け取る収入は給与所得

給与所得は、サラリーマンの方が毎月受け取る給料等の「収入金額」から「給与所得控除額」を控除して算出されます。 イメージとしては、収入金額が税込の総額で給与所得が手取り金額になります。

給与所得控除額はそれぞれの収入金額に応じて段階的に設定されています。速算表が国税庁のホームページ等で公開されているので、ご自身の収入金額だと給与所得控除額はいくらなのか、一度計算されてみると良いでしょう。

給与所得とされる給与等の例示

一般的に以下のようなものが給与所得の対象となる給与等とされています。

・俸給 ・給料 ・賃金 ・歳費 ・賞与 ・上記5つの性質を有する給与 など

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告10月26日経営ハッカー編集部

    独立するなら個人事業主?それとも会社設立?迷ったらまずは双方のメリットを比較

    0ブックマーク
  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結