2014年05月18日(日)0ブックマーク

給与所得者の特定支出控除│サラリーマンの方が特定の支出をした場合に適用がある

経営ハッカー編集部

サラリーマンが支払った特定の支出は所得から控除できる

給与所得とは、サラリーマンの方が毎月受け取る給料等の「収入金額」から「給与所得控除額」を控除して算出されます。そしてさらに、サラリーマンが特定支出をした際には、確定申告を行うことで給与所得控除後の所得金額からこの特定支出の金額のうち一部を控除することができます。

ただし、この制度の適用を受けるためには給与の支払者の証明が必要となります。

特定支出とされる支出の具体例

一般的に以下のようなものが特定支出控除の対象となる支出とされています(但し、給与の支払者により補填される部分で、非課税とされるものは除きます)。

・通勤費 ・転居費 ・研修費 ・資格取得費 ・帰宅旅費 ・図書費 など

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告17時間前経営ハッカー編集部

    減価償却の定額法と定率法とは?減価償却の基本を解説

    0ブックマーク
  • 確定申告10月26日経営ハッカー編集部

    独立するなら個人事業主?それとも会社設立?迷ったらまずは双方のメリットを比較

    0ブックマーク
  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結