2014年05月18日(日)0ブックマーク

減価償却資産│減価償却の対象となる資産

経営ハッカー編集部

減価償却の対象となる資産を減価償却資産という

事業のために用いられる建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産は、一般的には年月の経過等によってその価値が減っていきます。このような資産を減価償却資産と呼びます。一方で、土地や美術品あるいは骨とう品などは年数がたっても価値が劣化することはないため減価償却資産とは呼びません。

主な減価償却資産とその償却期間(個人事業主の方は定額法で償却)

減価償却資産にはいくつも種類がありますが、一般的に以下のようなものがあります。

・建物(木造)…24年 ・金属製のアーケード日よけ…15年 ・一般自動車…6年 ・金属製の事務机…15年 など

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 平成30年(2018年)分から変わった「配偶者特別控除」の計算方法を解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結