2014年05月18日(日)0ブックマーク

現金主義│現金の受領と支払があったときに収益と費用を認識

経営ハッカー編集部

現金の授受があったときに収益と費用を認識する考え方が現金主義

現金主義とは、実際の現金の授受があったときにはじめて収益と費用を認識する考え方のことです。実際の現金の受け渡しがあるまで収益と費用が認識されないこととなりますので、一般的に企業会計では認められていません。

現金主義に対して、発生主義という概念があります。収益と費用を発生の時点で認識する方法です。 一つ例を挙げますと、商品を掛けで販売した時、現金主義では、実際にお客様からお金を貰うまで収益が計上されませんが、発生主義によれば、商品をお客様に渡した時点で収益を計上することになります。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告06月27日経営ハッカー編集部

    確定申告についてよく知らないサラリーマンのための確定申告入門

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    確定申告の対象者はどう決まる?年末調整との違いや延滞・無申告のペナルティとは

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    青色申告|青色申告承認申請書はどのタイミングで提出するもの?

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    キャッシュフロー計算書の仕組みと経営状態の読み取り方

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    【確定申告】医療費控除の申告期限と還付金額の計算方法まとめ

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
百五銀行