2014年05月18日(日)0ブックマーク

現金主義│現金の受領と支払があったときに収益と費用を認識

経営ハッカー編集部

現金の授受があったときに収益と費用を認識する考え方が現金主義

現金主義とは、実際の現金の授受があったときにはじめて収益と費用を認識する考え方のことです。実際の現金の受け渡しがあるまで収益と費用が認識されないこととなりますので、一般的に企業会計では認められていません。

現金主義に対して、発生主義という概念があります。収益と費用を発生の時点で認識する方法です。 一つ例を挙げますと、商品を掛けで販売した時、現金主義では、実際にお客様からお金を貰うまで収益が計上されませんが、発生主義によれば、商品をお客様に渡した時点で収益を計上することになります。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告07月12日経営ハッカー編集部

    源泉徴収票がない!そんなときは慌てずに会社に再発行申請を

    0ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    自宅の売却損の一部を、税金で取り戻す特例

    4ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    労働保険料の計算&徴収方法

    1ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    確定申告について税務署に相談したい……というときに知っておきたいこと

    0ブックマーク
  • 確定申告02月05日経営ハッカー編集部

    元国税局職員芸人・さんきゅう倉田「あなたの知らない税務調査 後編 ー本当にあったこんな話ー」

    2ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める