2014年05月18日(日)0ブックマーク

準確定申告│納税者が死んだら相続人が確定申告を

経営ハッカー編集部

死亡した納税者の所得も相続人が集計し確定申告しなければならない

年の中途で納税者が死亡した場合には、相続人が、1月1日から死亡した日までの所得金額及び税額を計算しなければなりません。そして相続の開始があったことを知った日の翌日から、4か月以内に申告と納税を完了させなければなりません。この手続きを準確定申告と呼びます。

準確定申告で適用できる所得控除

準確定申告で適用できる所得控除には以下のようなものがあります。

・医療費控除(死亡する日までに納税者が払った医療費) ・社会保険料、生命保険料、地震保険料控除は死亡する日までに納税者が支払った保険料 など

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 確定申告10月26日経営ハッカー編集部

    独立するなら個人事業主?それとも会社設立?迷ったらまずは双方のメリットを比較

    0ブックマーク
  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結