2014年05月18日(日)0ブックマーク

所得の区分│個人の儲けは10種類に分類される

経営ハッカー編集部

所得税法は個人の1年間の所得を10種類に区分している

所得税法上、個人が1年間に稼いだ所得は次に掲げる10種類に区分されます。

利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得そして雑所得の10種類です。 個人の儲けは必ずこの中のどこかの区分に分類して所得税を計算し納めなければなりません。

個人は年間を通じて様々な活動をしていますので、この稼ぎは一体どの所得区分になるのか判断に迷うことがあると思います。その場合には、顧問税理士に相談するか税務署に問い合わせるなどして正しい所得区分に分類して所得税を計算するように注意を払いましょう。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告07月17日経営ハッカー編集部

    確定申告の控除額が変わる?注意するべきポイントと控除額を増やす方法

    1ブックマーク
  • 確定申告06月27日経営ハッカー編集部

    確定申告についてよく知らないサラリーマンのための確定申告入門

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    確定申告の対象者はどう決まる?年末調整との違いや延滞・無申告のペナルティとは

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    青色申告|青色申告承認申請書はどのタイミングで提出するもの?

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    キャッシュフロー計算書の仕組みと経営状態の読み取り方

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
百五銀行