2014年05月18日(日)0ブックマーク

親族│民法の規定に従う

経営ハッカー編集部

税法には親族の明確な規定がないため民法に従う

所得税法を読んでいると親族という単語を頻繁に目にしますが、税法には親族の明確な規定がないため、原則に立ち返り、民法の条文を引くこととなります。 そして民法では、親族について以下の通り規定しています。

民法第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一  六親等内の血族 二  配偶者 三  三親等内の姻族

所得税法で親族を考える際にもこの条文を参考にすることとなりますが、範囲が広すぎるのではないかとよく問題になったりします。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    キャッシュフロー計算書の仕組みと経営状態の読み取り方

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    【確定申告】医療費控除の申告期限と還付金額の計算方法まとめ

    0ブックマーク
  • 確定申告03月11日経営ハッカー編集部

    個人事業主必見!知って得する16種類の所得控除まとめ

    1ブックマーク
  • 確定申告03月11日経営ハッカー編集部

    無収入の場合社会保険料はどうなる?国民年金と健康保険の計算方法について解説

    0ブックマーク
  • 確定申告03月10日経営ハッカー編集部

    年末調整における寡婦・寡夫控除の条件や控除額と申告方法を解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結