2014年05月18日(日)0ブックマーク

親族│民法の規定に従う

経営ハッカー編集部

税法には親族の明確な規定がないため民法に従う

所得税法を読んでいると親族という単語を頻繁に目にしますが、税法には親族の明確な規定がないため、原則に立ち返り、民法の条文を引くこととなります。 そして民法では、親族について以下の通り規定しています。

民法第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一  六親等内の血族 二  配偶者 三  三親等内の姻族

所得税法で親族を考える際にもこの条文を参考にすることとなりますが、範囲が広すぎるのではないかとよく問題になったりします。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 平成30年(2018年)分から変わった「配偶者特別控除」の計算方法を解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結