2014年05月18日(日)0ブックマーク

耐用年数│固定資産が使用できると見込まれる期間

経営ハッカー編集部

固定資産が使用可能と判断される期間を耐用年数という

事業主が取得した固定資産は、購入した年の経費に全額計上できるのではなく、減価償却により固定資産を使用する期間の各年に費用配分していくことになります。この使用する期間のことを耐用年数と呼びます。

耐用年数は国税庁が耐用年数表というものを発表していますので、これを利用することになります。なお、この国税庁が定める耐用年数を特に、法定耐用年数と呼ぶことがあります。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 確定申告07月12日経営ハッカー編集部

    源泉徴収票がない!そんなときは慌てずに会社に再発行申請を

    0ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    自宅の売却損の一部を、税金で取り戻す特例

    4ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    労働保険料の計算&徴収方法

    1ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    確定申告について税務署に相談したい……というときに知っておきたいこと

    0ブックマーク
  • 確定申告02月05日経営ハッカー編集部

    元国税局職員芸人・さんきゅう倉田「あなたの知らない税務調査 後編 ー本当にあったこんな話ー」

    2ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める